カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

審査時間と日数はどのくらいかかる?カードローンの申し込み

カードローンでお金を借りるには、まず申し込みをすることからスタートです。申し込み後、審査を受けて、無事に審査通過することができたら借入へと進んでいきます。

カードローン審査はどのサービスにもあるものなので、審査に通過することは絶対条件であると覚えておきましょう。また、審査にかかる時間や日数は場合によって大きく異なるケースも少なくありません。

ここではカードローンの申し込み方法から審査、借入までの流れについてお話ししていきます。カードローン審査にかかる時間や日数が気になっている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ネットや電話、窓口で手続き!自分に合った申し込み方法を

カードローンの申し込み方法は、様々な方法の中から選ぶことができます。

もし、どの申し込み方法を選ぶべきか迷った時は、自分のライフスタイルに合った方法を選んでみると良いでしょう。

まずはカードローンの申し込み方法の例を挙げていきます。申し込み方法を選んだら、早速カードローンの契約手続きを始めていきましょう。

時間がない方にもおすすめ「ネット申し込み」

一般的なカードローンでは、次のような方法で申し込みをすることができます。

  • スマホやパソコンを利用したネット申し込み
  • 電話や郵送で申し込み
  • カードローン業者の店頭窓口で申し込み

この中でも近年特に人気となっているのが「ネット申し込み」です。

みなさんが普段から利用しているスマホやパソコンで手続きできるため、自宅や職場にいてもカードローンの申し込みをすることが可能です。

24時間365日いつでも利用できるというメリットもありますので、電話をかける時間がない方や店頭に行く時間がない方も、ぜひネット申し込みを活用してみると良いでしょう。

日数はどのくらい?カードローンの審査時間が長引くことも

カードローンの申し込みを終えたら、次に審査へと向かいます。

カードローンの審査では「カードローンを利用できる状況かどうか」をチェックしていきますので、場合によっては時間がかかることもあります。

日数を要するケースもありますので、あらかじめ注意しておきましょう。

即日審査でも時間や日数はかかる?

カードローンによっては「申し込みをした当日に審査結果が分かる」というサービスも行っています。これが「即日審査」と呼ばれるサービスです。

けれども、即日審査の場合でも、申し込みのタイミングによっては時間がかかるケースはありますし、審査結果が分かるのは翌日以降、となることも珍しくありません。

と言っても、審査にかかる日数はそれほど長期間というわけではなく、数日程度と見て良いでしょう。

ただし、審査結果の通知はカードローン業者の営業日に限定されますので、休業日にはご注意くださいね。「なかなか審査結果が届かない!」という時も、慌てず翌営業日まで待ってみましょう。

審査に通過したら借入OK!計画的にお金を借りるように

無事に審査結果が届き、めでたく審査に通過していた方には、カードローンの契約手続きが待っています。契約後、みなさんはカードローンでお金を借りることができるようになりますが、注意も必要です。

カードローンで借入をする際には気をつけておいてほしいポイントがいくつかあります。

これからカードローンを利用する方は、計画的にお金を借りることができるよう、正しいカードローンの使い方を身につけていきましょう。

計画性を持って安全な借入を心がけて

カードローンの申し込み、審査、借入と進んできて、いかがでしょうか?人によっては審査を通過できたことだけで満足してしまう方もいるかもしれませんね。しかし、カードローンを利用するのはここからがスタートです。

カードローンはお金を借りることができるサービスですが、サービスを利用するなら「計画性」は外せないものです。

無理してお金を借りても、返済時にトラブルが起こりやすくなるだけですし、必要のないお金を借りても、最終的に利息を付けて返すのはみなさん自身です。

カードローンを正しく使うには、自分自身で「返済計画」を立て、その計画に沿って月々の返済をしていく、という行動が大切です。安全な借入のためにも、計画性を忘れないでくださいね。

注意!時間や日数がかかった結果、審査に落ちるケースも

カードローンの申し込みから審査、借入までの流れは、以上でお話ししてきたとおりです。まずは申し込みからスタート、審査を受けてみましょう。

カードローンの審査は様々な条件から契約できるかどうかが決まりますが、万が一審査に時間や日数がかかったとしても、結果的に審査に落ちるというケースもあります。

審査の前には、カードローンの申し込み条件を細かくチェックしておきましょう。自分自身が条件に当てはまっているか、状況を見直すことが大切です。申し込み前には、審査に通過するための準備も忘れないでくださいね。

閉じる
閉じる