カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

他ローンを延滞してない?カードローンの審査前にしっかり完済を

収入には問題がないのに、どうしてカードローン審査に通過できないの?とお困りのみなさんはいませんか?確かにカードローン審査に通過するためには、安定収入は欠かせないものです。

でも、他にも重視される審査条件はまだまだあります。特に他社のローンを利用している方は要注意です。しっかり返済できていれば良いのですが、もしも延滞していた場合などは、カードローン審査に悪影響を及ぼしてしまいます。

カードローン審査に通過したいなら、まずは今ある借金をしっかり片付けておかなければなりません。延滞をしているなら、延滞しているお金を完済することが先決です。

気をつけて!複数のカードローン利用によるトラブル

基本的にカードローンは複数社同時に利用することが可能なサービスでもあります。と言っても、あまりにも多くの業者から借入をしていると「多重債務」に陥る恐れもあるのでご注意ください。

複数のカードローンでお金を借りていると、返済日をつい忘れてしまったり、返済が追いつかなくなったり…といったトラブルが起きやすくなります。

その結果、カードローン利用者としての信頼性も失ってしまうというわけです。

お金を借りるなら返すことが先!

カードローンの新規申し込みをする際に、既に複数社で借入をしている場合は、利用者としての信頼性が低いと見なされるため、審査に通過しにくい状況となっています。

複数のカードローンへの返済が問題なく行われていれば良いのですが、延滞しているとなると、審査通過はまず望めないでしょう。

新規でカードローンの申し込みをする前に借金があることが分かると、審査に良い影響は与えません。「お金を借りる前にお金を返す」ということをしっかり理解しておきましょうね。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
カードローン審査に落ちやすい?他社借り入れがある場合の注意点

完済後すぐ申し込みはNG!カードローン信用情報機関に注目

カードローンの延滞をしているという情報は、カードローンの利用歴として「信用情報機関」に残されることになります。

新規のカードローン審査では、この信用情報機関における利用歴も確認されるため、延滞していれば問題視されるのは当然のことです。

たとえ仕事や収入面などに問題がなくても、借金状況に問題があれば、カードローン審査に通過することはできません。

何年残るの?カードローンの延滞情報

延滞している状況でカードローン審査に通過するためには、まず延滞している状況から抜け出すことが大切です。

  • 延滞しているお金を早めに返済する
  • 新規でカードローンに申し込みするのは完済後
  • 申し込みは延滞情報が消されてからがベスト

延滞しているお金を完済することはもちろん、信用情報機関に残されている延滞情報も忘れてはなりません。

延滞情報に関しては、各機関にもよりますが、1年~5年は情報が残ることになりますので、情報が完全に消去されてから新規でカードローンの申し込みをするようにしてください。

もう延滞はしない!計画的なカードローン利用を心がけて

返済を延滞することがカードローンの新規申し込みに大きな影響を与えることがお分かりいただけたでしょうか?カードローンを利用する上で理解しておきたいポイントとして、よく覚えておいてくださいね。

無事に延滞していたお金を完済し、新規でカードローン申し込みをして、審査に通過できたら、また借入ができるようになるわけですが、今度こそ延滞をしないよう十分注意しておきましょう。

返済を前提にした借入で延滞を防ぐ!

カードローンを計画的に利用するためのコツとしては、以下のようなポイントが挙げられます。

  • 収入以上の借入をしない
  • 本当に必要なお金以外借りない
  • 返済を前提をした借入を心がける

カードローンを利用する時、お金を借りることを第一に考えてしまいがちですが、本当に大切なのはお金を返すことです。

借入ばかりに気を取られることによって、返済を延滞してしまうなどのトラブルも起きやすくなりますので、必ず返済を前提にした借入を心がけるようにしてくださいね。

延滞の悩みは放置しないで!カードローン業者に相談を

既に他のローンで借入をしているだけではなく、延滞もしているような場合、新規でカードローンを利用することは難しいケースがほとんどです。

こちらでお話ししてきたように、まずは延滞しているお金を返済することを一番に考えるようにしてくださいね。

また、延滞のことでお悩みの方は利用しているカードローン業者に相談をすることもおすすめです。悩みを放置せず、しっかり解決していくことで、返済への不安もなくなりますよ。

閉じる
閉じる