カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

どんな職業でもカードローンを使える?属性別に見る審査の注意点

カードローンを利用できるかどうかは、審査によって決まります。では、カードローンの審査ではどのようなポイントがチェックされるのでしょうか?ここではみなさんの「属性別」に審査の注意点をご紹介していきましょう。

属性とは、現在みなさんがどのような状況にあるか?ということを示したものです。仕事の雇用形態であったり、収入状況であったり…カードローンの審査に関係する自分の属性をしっかり見つめてみてください。

属性によっては、カードローンの審査に通過することが難しいケースもあります。まずはどのような属性ならカードローン審査をクリアできるのか、よく理解しておくことをおすすめします。

正社員や公務員だけ?カードローン利用可能な雇用形態の属性

まずは職業におけるそれぞれの属性について見ていきましょう。みなさんは現在どのような職業に就いていますか?

基本的にカードローンは安定した仕事、安定した収入があることが条件なので、正社員や公務員のみなさんの場合は、比較的審査に通過しやすいと見ることができます。

けれども、カードローンを利用できるのは正社員や公務員だけ!というわけではありませんよ。

【関連記事】

借金には気をつけて!公務員でもカードローン審査に落ちることも

学生や主婦も収入があればOK!

カードローンは次のような雇用形態の方でも利用できるサービスなので、「正社員じゃないから…」と諦める必要はありません。

  • パートやアルバイト
  • 派遣社員や契約社員
  • 自営業者や個人事業主

近年ではパートやアルバイトとして働く方も多くなってきていますよね。

主婦でパートをしている方、学生でアルバイトをしている方などもいらっしゃるかと思いますが、収入面に問題がなければ利用対象です。

ただし、収入面が不安定など低所得者である場合はカードローンを利用できないこともあるのでご注意くださいね。

アルバイトでも大丈夫?まずはカードローン審査を受けるための準備を

収入の不安定さは審査に悪影響

そのため、以下のような収入が不安定になりやすいケースは、カードローン審査に通過することが少々難しいかもしれません。

  • 日雇いで仕事をしている
  • 風俗店などの水商売
  • 年金受給者

日雇い労働者水商売で働いている方の場合、月々の収入に大きな差が出てしまうことがありますよね。こうした不安定な状況が、カードローン審査に影響してしまうのです。

年金受給者の方も同様です。年金を収入としてカードローン審査を受けることはできますが、年金受給者は利用NGとしている業者もあります。

確実にカードローン審査に通過するには、雇用形態だけではなく、収入状況にも注目してみてくださいね。

専業主婦は例外?無職・無収入でも利用対象になるケース

カードローンは何らかの職業に就いていて、安定した収入を得ることができていれば、審査に通る確率は高まります。反対に仕事や収入が不安定な場合は審査に落ちる恐れが高くなってしまいます。

そのため、無職・無収入の場合は問題外となりますが、例外として「専業主婦向けのカードローン」などもあります。

特殊な「専業主婦」という属性

現在無職・無収入のみなさんは、基本的にカードローンの利用対象外です。ここはしっかりチェックしておきたいポイントですが、みなさんが専業主婦の場合は少々条件が異なります。

専業主婦も無職・無収入の状態に変わりはないものの、配偶者に安定した仕事・収入があることによって、利用対象になるケースもあるのです。

消費者金融のカードローンで専業主婦が借入することは難しいですが、銀行のカードローンの中には、専業主婦向けのサービスもあります。ぜひ活用してみてくださいね。

転職後、すぐに借入できる?他社の借金があるなら先に完済を

以上、主に職業や仕事の雇用形態に関する属性について見てきましたが、最後に少々違った視点から属性をチェックしてみたいと思います。

みなさんは現在、今の仕事を始めてどのくらいの期間が経っていますか?また、現在他社で借金をしていることはないでしょうか?こうした条件もカードローン審査に大きく影響してきます。

勤続年数は長期を保つ!

たとえば、「転職後すぐにカードローンの申し込みをした」というような場合は、勤続年数が十分ではないため、今の属性の状態では審査に通過する確率は低くなります。

カードローン審査に通過したいなら、まずは転職後の職場で出来る限り長く働き、勤続年数を長期に保つことが必要です。

転職後だけではなく、新入社員の方なども勤続年数は短い状態となりますので、あらかじめ気をつけておきましょう。

信用情報をクリーンな状態に

カードローン審査においてチェックされる属性としては、主に職業や収入関連のことになりますが、もうひとつ重視しておくべきポイントがあります。それが「借金」です。

現在、他社に借金がある場合、借金があるという事実が影響してカードローン審査に落ちる恐れがあります。

カードローンをはじめ、クレジットカードのキャッシング枠などもよく利用している方は要注意ですね。

既に借金がある状態でカードローン審査を受けても、審査に通る可能性はかなり低い状況となります。まずは借金を完済して、信用情報をクリーンな状態にしておきましょうね。

属性別で注意点は違う!まずは自分の状況を見直すことが大切

カードローンを利用するなら、まずみなさん自身の今の状況をしっかり見直していきましょう。カードローン審査を受ける前に「属性別で注意点は違う!」ということをよく理解しておいてくださいね。

こちらのカテゴリでは、属性別にカードローン審査の注意点をご紹介しています。自分の属性についてよく確認した上で、カードローンの審査に備えていきましょう!

閉じる
閉じる