カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

借入希望額が高すぎると与信審査で落ちる?カードローンの限度額

カードローンで借りたい金額は人それぞれですよね。少額で良いという方もいれば、高額を希望している方も多いかと思います。しかし、借入希望額が高すぎると与信審査で落ちる恐れがあるのでご注意ください。

ここではカードローンの与信審査に落ちる原因のひとつである「高すぎる借入希望額」について見ていきたいと思います。

カードローンの借入希望額が高すぎると審査落ちという結果になってしまいますが、そこにはみなさんの収入も関わっています。カードローンの「総量規制」についてもお話ししていきましょう。

借入はいくらまで?与信審査で決まるカードローン限度額

まずはカードローンの限度額はどのようにして決まるのか?ということから見ていきたいと思います。

カードローンで借入可能な金額は、あらかじめ「限度額」というかたちで決められています。

その限度額は「与信審査」の結果によって決まることになっています。カードローンの申し込みをして与信審査を受ける、この流れをチェックしていきましょう。

年収の状況によっては審査落ちに

与信審査はカードローンの契約をするために欠かせないものです。消費者金融や銀行、どのカードローンの場合も同様です。

カードローンの与信審査では、みなさんの仕事や年収、年齢、借金状況など、様々なポイントが審査されます。

こうした結果からカードローンの限度額が決められるわけですが、特に注目されるのがみなさんの年収です。年収の状況によっては、審査に落ちてしまうこともあるのでご注意くださいね。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
何が違うの?詳しく教えて!カードローンの仮審査と本審査

年収の三分の一以上の借入はNG!カードローンの「総量規制」

カードローンを利用する際のルールとして「総量規制」というものがあります。総量規制とは「年収三分の一以上の金額を借りることはできない」というルールです。

カードローンの与信審査に落ちた場合、総量規制に引っかかってしまっていることも原因のひとつとして考えられています。

総量規制対象外のカードローンも

もしカードローンの与信審査に落ちてしまったら、借入希望額が年収の三分の一以上になってしまっていないか、よく確認してみましょう。

再度与信審査を受ける際には、借入希望額を年収の三分の一以内に抑えることで、審査に通過できる可能性が高まります。

ちなみに、総量規制の対象になっているのは消費者金融のカードローンや信販系のカードローンで、銀行のカードローンは総量規制の対象外となっています。

銀行のカードローンでは年収の三分の一以上を借りることも可能ですが、それもまた与信審査の結果次第となります。必ずしもお金が借りられるわけではない、ということも理解しておきましょう。

利用者の「返済能力」を重視!確実に返済できる金額を希望して

借入希望額が高すぎるとカードローンの与信審査に落ちてしまう、という理由がお分かりいただけたでしょうか?

確実にカードローンでお金を借りるには、まず現在の年収の三分の一を超えない金額を希望することが必要となります。

もちろん絶対に希望額が借りられるとは限りませんが、希望額を提示するなら、みなさん自身が「確実に返済できる!」と自信を持って応えられる金額を決めることをおすすめします。

今の自分に「返済能力」はある?

また、「どうしても高額を借りたい!」というなら、高額を借りるだけの収入がなければ、借入金額の希望を通すことはできません。

カードローンの与信審査では「返済能力」の有無もチェックされます。返済能力がないと判断されれば、その時点で審査落ちとなってしまいます。

まずはカードローンの与信審査を受ける前に、自分自身に十分な返済能力はあるのか、仕事や年収の状況をしっかり見直してみると良いでしょう。申し込みをするのはそれからでも遅くはありませんよ。

カードローンの借入希望額が少ない時も「返済計画」を忘れずに

カードローンでいくらまで借りられるか?利用者にとってはとても大きな問題ですが、希望額が高すぎると、借りられるものも借りられなくなってしまいます。

ここでお話ししてきたように、借入希望額が高いせいでカードローンの与信審査に落ちてしまっては元も子もありませんので、必ず自分の年収に合った希望額を提示するように注意しておきましょう。

もちろん、カードローンを利用するなら計画的にお金を返済することも忘れないでくださいね。どんなに少ない金額でも、返済計画を立ててから借入をしていきましょう。

閉じる
閉じる