カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

カードローン審査通過は厳しい?日雇いで収入を得ているケース

仕事によって収入を得るケースは様々ですが、もしみなさんが現在「日雇い」で収入を得ている場合、カードローン審査に通過することが難しいことが考えられます。

ここでは日雇いとして働いているみなさんがカードローンを利用する際の注意点についてお話ししていくことにしましょう。

日雇いの場合、雇用が安定していないことから、カードローン審査においては厳しい結果になることも少なくありません。さらに収入も不安定…となると、カードローンを利用することはますます難しくなります。

どうしたら日雇いでもカードローンを利用することができるのか?ここでお話しする注意点を踏まえた上で申し込みをしていきましょう。

日雇い労働者でもクリアできる?カードローンの審査条件

カードローンを利用するにあたって、みなさんは様々な審査条件をクリアしなければなりません。一般的な審査条件としては、次のようなチェックポイントが挙げられます。

  • 安定した仕事に就いていること
  • 安定・継続して収入を得ていること
  • 年齢制限の条件をクリアしていること

現在、日雇いで仕事をしている方の場合は、特に仕事と収入面の安定性を重視することが必要です。

もちろん年齢制限も注意しておきたいポイントですので、カードローンの年齢制限をあらかじめ確認した上で申し込みをしてくださいね。

長く仕事を続けていけない恐れも

日雇いの場合、その日その日で収入を得られるというメリットはありますが、雇用が安定していないため、今後も変わらず仕事を続けていくことができるか分からない状態です。

雇用が安定せず、仕事の先が見えない…という状況では、収入も不安定になりやすいため、カードローン審査においては大きなデメリットがあると考えられます。

現状としてはカードローン審査に通過することがかなり厳しいので、どうしたら日雇いでも借入ができるか、状況の見直しをすることをおすすめします。

どうしたら収入が安定する?仕事を増やすだけでは危険

まずは収入面に関する見直しですが、この場合は単純に「収入を増やす」ことも重要ですが、毎月の収入、毎年の収入を「安定させる」ことも重視しておきましょう。

収入が安定している方の場合、カードローンの「返済能力」も高いと判断されるため、審査に通過できる可能性も高まります。

雇用の面から見直すことが大切

日雇いとして仕事をしていると、どうしても収入が不安定になりやすいですよね。

とは言え、収入を増やして安定させるためにさらに日雇いの仕事を増やすだけでは、みなさん自身が体を壊してしまい兼ねません。

収入の安定はただ仕事を増やして収入を増やせば良い、というわけではないんですね。そこには収入だけに特化せず、雇用の面からも見直していくことが大切ですよ。

雇用を安定させる!日雇い労働をやめることも視野に

どうしてもカードローンでお金を借りたい!という場合、雇用状況を安定させるために、日雇い労働をやめることも視野に入れてみると良いでしょう。

カードローンはアルバイトやパートでも利用対象ですし、派遣社員や契約社員の方も借入をすることができます。

まずは日雇いの状況から抜け出して、少しでも雇用状況が安定している職業に就くことを考えてみてください。

【こちらの記事も参考にどうぞ】
アルバイトでも大丈夫?まずはカードローン審査を受けるための準備を

ある程度雇用が安定しているならOK

カードローンは正社員しか利用できないというわけではなく、ある程度雇用状況が安定していると業者側に判断してもらえれば、審査に通過できる可能性は十分あります。

ただし、日雇いなどの仕事・収入の継続性が不明瞭な場合は、カードローン利用者としての信頼性が薄く、返済能力も低い状態です。

お金がない時こそカードローンを利用したくなるものですが、カードローンでお金を借りたら、返済することが当然のルールです。このルールを守れる状態になってから、申し込みをしましょうね。

簡単に借入できるわけじゃない!必要なことをよく理解して

いかがでしたか?日雇いの場合、カードローン審査に通過することはなかなか厳しいものですが、状況を見直すことによって、カードローンの審査条件をクリアできる可能性もあります。

カードローンは決して誰でも簡単に利用できるサービスではありませんので、カードローン審査に通過するためにはどのようなことが必要なのか、よく理解した上で改めて借入について考えてみましょう。

閉じる
閉じる