カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

通帳の振込人名義は個人名?カードローンで即日借入する前に

カードローンと言えば、カードを使ってATMで借入、という方法をイメージする方が多いかと思いますが、近年人気となっているのがカードローンの「振込キャッシング」です。

振込キャッシングとは、カードローンで借りたお金を指定した銀行口座に振込んでもらうという借入方法です。ATMに出向く必要もなく、即日振込も可能、借入が周囲にバレる恐れも少ない、ということで人気が高まってきています。

しかし、そこで懸念されるのが「振込キャッシングを利用したことは通帳記入でバレないの?」という問題かと思います。振込人名義はどのように記載されるのか、ここで詳しくお話ししていくことにしましょう。

即日で借りることもできるの?「振込キャッシング」の仕組み

まずはカードローンの振込キャッシングの仕組みについて理解しておきましょう。振込キャッシングを行う流れを簡単に把握してから、申し込みをしてくださいね。

振込キャッシングでは即日借入をすることも可能ですが、金融トラブルを防ぐためにも、サービス内容をよく学んでおいてくださいね。

振込が翌営業日になることも

振込キャッシングの申し込みから借入までの流れは以下のようになっています。

  • カードローンの申し込み、審査を受ける
  • 審査に通過後、カードローン契約へ
  • 契約後、振込キャッシングの手続きを

振込キャッシングの手続きを終えたら、あとは指定した口座に振込まれた借入金額を引き出すだけでOKです。

タイミングがよければ、即日振込をしてもらうことも可能なので、急ぎの場合は振込キャッシングを活用してみると良いでしょう。ただし、振込が翌営業日以降となることも少なくありません。あらかじめご注意くださいね。

カードローン利用がバレたら…気になる通帳の振込人名義

振込キャッシングには、カード不要で借入ができるというメリットがあります。また、自分の口座からお金を引き出せば良いので、周囲からは「キャッシングしている」とバレにくいというメリットも。

しかし、通帳の振込人名義には気をつけておきましょう。会社名で借入金額が振込まれていたら、借入がバレてしまう恐れがあるからです。

家族にも見られる口座の場合は要注意!

振込キャッシングに利用する口座の通帳には、借入金額を振込んだ証拠として振込人名義が記載されることになりますが、多くの場合はカードローン業者の会社名が記載されています。

自分専用の口座で、自分しか通帳を確認しないのであれば問題ありませんが、もしも家族と共用だったり家族にも通帳の記入内容を確認される可能性があるなら、注意が必要です。

「通帳に借入の履歴が残ることは嫌!」という場合は、振込キャッシングではなくATMでのカードキャッシングを利用することをおすすめします。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
郵送物で家族にバレない?不安な時は自宅郵送なしのカードローンを

振込人名義は選べる?個人名で振込んでもらえることも

しかし、中には会社名ではなく個人名で振込をしてくれるカードローン業者も少なからずあります。

「振込人名義が会社名だとちょっと…」という方は、個人名での振込キャッシングが可能なカードローン業者を利用してみてはいかがでしょうか?

まずはカードローン業者へ問い合わせを

カードローン業者次第ではありますが、キャッシングの振込人名義を「会社名」または「個人名」のどちらかを選ぶことも可能です。

「会社名でも構わない」という方は会社名で、できれば個人名で振込んでほしい!」という方は個人名で…といったように使い分けができることが特徴的ですね。

現在、振込キャッシングが利用できる業者はたくさんありますが、通帳の振込人名義への対応については各業者によって大きく異なります。まずは利用したいカードローン業者に問い合わせてみると良いでしょう。

お金の借り過ぎに注意!カードローンの即日振込も計画的に

以上でお話ししてきたように、振込キャッシングは便利な面やメリットもありますが、通帳の振込人名義の件など多少のデメリットもあるサービスとなっています。よく理解した上で利用していきましょう。

また、カードローンの振込キャッシングでは即日振込も可能ですが、注意しておきたいのは「お金の借り過ぎ」です。すぐに手続きができるからといって、無計画な利用は避けてくださいね。

閉じる
閉じる