カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

どのくらい時間かかる?カードローン利用限度額の増額審査

カードローンは「利用限度額」の範囲内で借入ができるサービスです。利用限度額は申し込みをして審査を受けたあと、業者側が決めるものですが、場合によっては後日「増額」をすることも可能です。

ここではカードローンの増額審査についてお話ししていきたいと思います。増額をするにも審査がありますので、すぐに限度額が増やせるとは限りません。時間がかかるケースもありますからね。

まずは増額審査にはどのくらい時間がかかるものなのか、しっかりチェックしておきましょう。また審査を受ければ誰でも増額できるわけではありません。増額するための条件も確認することが必要です。

借入できるのはいくらまで?カードローンの利用限度額

カードローンの利用限度額は、主にみなさんの収入状況や借金の状況次第で決まります。

カードローン審査では収入面や借金の問題をチェックし、みなさんそれぞれに合った利用限度額を設定していきます。

いくらまでお金を借りることができるのか、かなり気になるポイントかと思いますが、カードローン限度額は自分の収入や借金など金銭状況が前提になっていると考えてくださいね。

カードローンはルールを守って借入を

基本的に収入が多い方、借金などの金銭問題を抱えていない方などは、カードローンの利用限度額も多めに設定されやすくなっています。

反対に収入が少ない方、収入状況が不安定な方、借金を抱えている方の場合は、安全にカードローンを利用してもらうためにも、業者側は限度額を抑える傾向があります。ご注意ください。

限度額が高い場合も少ない場合も、決められた範囲で借入をすることがカードローンのルールです。

ルールを守って正しく借入をしていきましょうね。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
収入が少ない…低所得者がカードローン審査に通過するには

限度額は増やせる!カードローン増額のタイミング

カードローンの利用限度額は契約時に決められるものですが、実は限度額を増やすことも可能です。これをカードローンの「増額」と言います。

ただし、カードローンを増額するには条件があります。誰でも増額ができるわけではないので、その点は気をつけておきたいところですね。

対象になってる?増額審査の条件

「カードローンの増額をしたい!」と言っても、今すぐに増額することができない場合もあります。増額をするには、以下のような条件が必要となるからです。

  • 契約から半年~1年以上経っている
  • 収入状況に悪い変化がない
  • カードローン返済の延滞をしていない

契約後すぐにカードローンの限度額を増やせるわけではありません。業者やサービスにもよりますが、最低でも半年~1年以上経過していなければ、増額の対象にはならないのです。タイミングにご注意くださいね。

また、以前よりも収入が減ったなどマイナス面での変化があった、返済の延滞をしている、などの問題も増額審査に影響します。

審査次第では増額NGとなってしまいますので、ご自身の状況をよく見直した上でカードローンの増額について考えていきましょう。

すぐに増額できるの?審査に時間がかかるケースも

カードローンの増額をしたい時は、一般的に次のような方法で手続きをすることができます。

  • 自分で増額の申し込みをする
  • 業者からの増額のお知らせを待つ

みなさんご自身で増額の申し込みをすることも可能ですが、カードローン業者から増額のお知らせが届くケースもあります。

もちろん、どちらにしても増額の審査を受けることに変わりはありませんし、審査には時間がかかるケースもある、ということを理解しておきましょう。

審査時間が長いと増額は無理?

カードローン契約時の審査に時間がかかることもありますよね。増額審査も同様で、みなさんの状況に問題がないか確認をするために、審査に時間がかけることも珍しくないのです。

増額審査の時間は、即日で分かるケースもありますが、2~3日かかることもあります。業者が休みの日もあるため、増額の申し込みをする場合は余裕を持って手続きしましょう。

「審査に時間がかかっているから増額は無理かも…」というわけではなく、増額しても良い状況かどうかをチェックするための審査です。

なので、増額審査に時間がかかってしまっている場合も、気長に待つようにしましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
審査遅い時は催促していい?カードローンの審査結果が来ない場合

増額後の借り過ぎに注意!カードローンは計画的な活用を

いかがでしたか?カードローンの増額をすることによって、今よりも限度額を増やすことができ、借入できる金額にも余裕ができます。

けれども、増額後はついついお金を借り過ぎてしまう人も少なくありません。カードローンの限度額が増えたとしても、調子に乗って借入することなく、計画的にカードローンを活用していきましょう。

閉じる
閉じる