カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

旧姓の事故歴はバレる?結婚後にカードローン審査を受ける場合

女性の方は結婚後に姓が変わることが多いですよね。今までとは違う姓になって、新しい生活を始めるわけですが、もし旧姓の時にカードローンでトラブルを起こしていた場合、信用情報の事故歴はどうなるのでしょうか?

ここでは結婚後にカードローン審査を受ける際の注意点として、旧姓の時に事故歴があるケースについてお話ししていきたいと思います。何らかの理由で信用情報に事故歴が残っている恐れがある方、必見ですよ。

また、自分自身で旧姓の時の事故歴があることを把握している方もいるかと思いますが、事故歴を隠して新規でカードローンを契約することは絶対にNGです。その理由についてもお話ししていきましょう。

こんなトラブルに注意!金融ブラックになる大きな原因

では、どのようなトラブルがカードローン事故歴として残ってしまうものなのでしょうか。まずはカードローン利用者が起こしやすいトラブルについて見ていきましょう。

カードローンは正しく使えば安全なサービスですが、少しでも使い方を誤ってしまうと、大きなトラブルへと発展し、金融ブラックになり、事故歴が残る…という事態になり兼ねません。

既に事故歴がある方でも、今後同じようなトラブルを引き起こさないよう、しっかりチェックしておきましょう。

ルール違反をしないように!

カードローン利用時のトラブルとしては、次のような例が挙げられます。

  • カードローンの返済を延滞を繰り返していた
  • 返済ができなくなり債務整理をした
  • 自己破産した
  • カードローン業者との間に問題を起こした

特に多く見られるのが、返済を延滞するという行為です。カードローンは返済をすることが前提のサービスなので、延滞をした時点でルール違反となります。

延滞を一度だけではなく何度も繰り返すなどの問題行為は、金融ブラックとして事故歴が残る大きな原因と考えてください。

結果的に返済ができなくなり債務整理をした場合、自己破産をした場合、その他カードローン業者間と問題を起こした場合なども同様です。

カードローンのトラブルによって信用情報に事故歴が残ってしまった場合、すぐに履歴が消えるわけではないので、十分ご注意くださいね。

カードローン審査はどうなる?旧姓の事故歴が残っていたら

信用情報の事故歴が完全に消えるまでの期間、早くても3年~5年程度、長くて10年とされています。事故歴が完全に消えていれば、新たにカードローン審査を受けても通過できる可能性はあります。

しかし、まだ事故歴が残っている状態でカードローンの申し込みをしても、審査には落ちてしまいます。旧姓の時の事故歴も同様です。

「結婚して姓が変わったら、旧姓の時の事故歴はなくなる!」ということもありませんし、「旧姓の時の事故歴は確認されない!」というわけでもありません。旧姓の時の事故歴がバレる恐れもあるのです。

旧姓を記入しなければならないケースも

近年では以前と比べてカードローン業者側も審査を厳しく行うようになってきているため、申し込み時に本人の現在の氏名だけではなく、旧姓を記入させるケースもあります。

結婚後、新規でカードローンを利用する際に旧姓を記入しなければならなかった時は、正直に旧姓を書くようにしてください。

でなければ、虚偽の情報で申し込みすることになってしまいます。「過去の事故歴がバレるのが怖いから…」という理由で旧姓を書かないという行為もNGです。

もし旧姓の記入欄がなかったとしても、結婚をして姓が変わったこと、そして結婚前に事故歴があったという事実を、みなさんの方からカードローン業者に伝えることがおすすめですよ。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
申し込み時の嘘はバレる!カードローンの審査には誠実な対応を

バレることを恐れない!過去の事故歴としっかり向き合って

カードローン業者はお金のプロですから、いくらみなさんが過去の事故歴を隠そうとしても、バレる時はすぐにバレてしまいます。

バレることをただ恐れているよりも、まずはみなさん自身がカードローン業者と過去の自分が起こした金融事故に向き合うようにしましょう。

大事なのはタイミングを待つこと

もし旧姓での事故歴が残ってしまっている場合、今はまだカードローンを利用できる時期ではありません。ブラックの状態から抜け切っていませんので、審査を受けても落ちてしまうだけです。

「どうしてもカードローンを利用したい!」という気持ちは分かりますが、みなさんの安全のためにも、まずは事故歴がキレイに消えるタイミングを待ちましょう。

たとえ過去のことであっても、カードローンの事故歴は自分自身の責任です。今はお金を借りるべきではない時と理解してください。間違ってもブラックでも借りられるなどという危険なヤミ金業者を利用しないよう注意してくださいね。

二度と同じトラブルを繰り返さないで!事故歴が消えた後は

今すぐにお金を借りたかったとしても、審査次第で利用不可となってしまうのがカードローンです。過去の事故歴があるなら、間違いなくカードローンの利用対象にはなりません。

しかし、信用情報に残された事故歴はいつまでも残っているものではないので、いずれは消えることになります。

もし事故歴が消えて、新規でカードローンを契約できる時期がきた場合は、もう二度と同じトラブルを起こさないよう気をつけてください。正しいカードローン利用を心がけてくださいね。

閉じる
閉じる