カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

カードローンの審査に落ちる大きな原因に!「ブラック」とは

「カードローンの審査を受けたのに落ちた…」という場合、そこには必ず理由があります。まずはどうしてカードローン審査に落ちたのか?その原因について考えてみるようにしましょう。

ここでは、カードローン審査に落ちる大きな原因のひとつである「ブラック」についてお話ししていきたいと思います。ブラックとは、金融ブラックのことで、いわゆる「金融事故」のことを指しています。

以前カードローンなどの金融サービスを利用した時に、何らかのトラブルがあった場合、ブラックになってしまっているかもしれません。ブラックの場合はカードローンを利用することがNGとされています。十分ご注意ください。

審査に大きな悪影響!カードローンの「ブラック」とは

まずはカードローンの「ブラック」とは何なのか、詳しく見ていくことにしましょう。カードローンは正しく利用していれば問題なく借入ができますが、トラブルがあった場合は問題が生じます。

そのひとつが「ブラック」による悪影響というわけです。ブラックはカードローン審査に悪影響を及ぼすものと理解しておきましょう。

「ブラックリスト」は存在しない?

ブラックは「金融事故」のことと説明しましたが、巷では「ブラックリスト」と呼ばれることもあります。

厳密に言うとブラックリストというものは存在していません。けれども、金融事故を起こした利用者の情報は信用情報機関に残ることになります。

信用情報機関では、借入の情報や返済を延滞した時の情報など、様々な情報が残っていますが、カードローン業者との間でトラブルを起こした場合も、同様に情報が残ってしまうのです。

そしてブラックの情報が残った状態では、新規でカードローンの契約をすることはできません。そのため、審査に落ちてしまうんですね。

ブラックになるのはどうして?金融事故の原因を突き止めて

では、そもそもどうしてブラックになってしまったのでしょうか?ブラックになる理由としては金融事故を起こしたことが挙げられますが、金融事故と言っても様々なトラブルがあります。

まずは自分自身がどのような金融事故を起こしてしまったのか、その原因について考えていきましょう。

原因を突き止めることで、ブラックになった理由を知ることができますよ。

大きなトラブルを起こさないように

カードローンのブラックになる原因としては、次のようなケースが挙げられます。

  • 延滞を何度も繰り返すなどの問題行動があった
  • 自己破産や債務整理の経験がある
  • トラブルによって業者から裁判を起こされた

延滞をしてもすぐに返済をするなど、カードローン利用者として信頼性のある行動が取れていれば、大きな問題にはなりません。

しかし、延滞を繰り返したり、返済ができなくなり自己破産に陥ったり、結果的に業者との間で裁判沙汰になるなどのトラブルは大問題です。

大きなトラブルはブラックへと繋がってしまいますので、カードローンを利用する際にはトラブルを起こさないよう気をつけてくださいね。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
現在、任意整理中…債務整理中のカードローン審査は控えるように

ブラック情報は消える?信用情報機関に履歴が残る期間

以上で見てきたように、ブラックになるとカードローンの審査に落ちてしまいます。しかし、ブラックになったら永遠にカードローンの契約ができない、というわけではありません。

ブラックになったとしても、ある一定の期間が経過すれば、再度カードローンの契約ができる可能性もあります。

5年~10年はブラックの状態に

ブラックになると信用情報に履歴が残ることになりますが、ある程度の期間が過ぎると、カードローンの事故情報は消えることになっています。

一般的にブラックの期間は5年~10年とされており、ブラックになった原因など様々な理由によって期間は異なります。

まずは一定の期間が経てば、ブラックの状況から抜け出すことができる、と覚えておきましょう。

もちろん、ブラックの履歴が消えたからと言って、必ずしもカードローン審査に通過できるとは限りません。改めてカードローン審査を受ける必要がありますので、審査に備えておきましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
カードローン審査に落ちる?クレヒスがホワイトの場合は要注意

カードローンは安全に活用!ブラックにならない心がけを

ブラックになると、カードローンを使いたくても使うことができません。このような状況になってしまったら仕方がありませんので、ブラックの期間が過ぎるまでは借入について考えないことが先決です。

また、現在ブラックではない方も、ちょっとしたトラブルが原因でブラックになってしまう恐れもあります。カードローンを安全に活用するなど、ブラックにならないよう一人一人が心がけていきましょう。

閉じる
閉じる