カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

返済後は自動的に解約される?今後カードローンを使わないケース

カードローンを利用していたけれど、もうお金を借りないかも…という方も多いかと思います。カードローンは繰り返し借入できるサービスなので、いざという時にあると便利ですが、もう使わない場合はスッキリと解約してしまいましょう。

カードローンを解約するには、申し込み手続きと同様、解約手続きを行わなければなりません。返済後に自動的に解約されるわけではないので、あらかじめご注意くださいね。

ここでは今後カードローンを使わないみなさん、カードローンの解約を考えているみなさんに向けて、カードローンの解約方法についてお話ししていきたいと思います。

もう使わないかも…カードローンは完済後に解約手続きを

カードローンは借入→返済で契約が終わるサービスではありません。カードローン限度額形式の金融サービスなので、限度額に余裕があればいつでも借入できるというメリットがあります。

しかし、繰り返し利用できることから、カードローンを返済すればそれで解約、というわけではないんですね。

カードローンを解約するには、返済するだけではなく、しっかりと解約手続きを行う必要がある、ということをよく覚えておきましょう。もちろん解約手続きを行うのは完済後!ですよ。

本当に解約するべきかよく考えて

カードローンの解約手続きについては、業者ごとに異なりますが、主に電話によるコールサービスで解約手続きを受け付けています。

カードローンを解約したい旨を電話で伝え、流れに沿ってカードローンの解約手続きを行っていきましょう。

カードローンの解約後は、当然のことながら今までのように借入ができなくなりますので、本当に解約しても良いのか?よく考えてから手続きを行ってくださいね。

カードローンを使い続けて大丈夫?解約した方が良いケースも

カードローンはいざという時にあると便利なサービスではありますが、カードローンを持っていることが影響して、ついお金を使い過ぎてしまう…という方も少なくありません。

カードローンは計画的に使うことができれば安全なサービスですが、無計画に利用すると返済を延滞するなどのトラブルも起こりやすいものです。

もしお金の借り過ぎや使い過ぎが考えられるのなら、そのような場合もカードローンの解約を考えた方が安全でしょう。

自分の安全を守ることを第一に

カードローンで計画的に借入をするには、まず「返済計画」を立てる必要があります。コツは自分に合った返済計画を立てることですが、どうしても計画的に借入ができない…ということもありますよね。

自分に合った返済計画を前提にお金を借りられない場合、カードローンを利用することでかえって悪影響が及んでしまいます。

自分自身の安全を守るためにカードローンを解約した方が良いケースもありますので、このままカードローンを使い続けて良いのか?ということもしっかり考えておくことをおすすめします。

こんな時も解約が必要?新規でカードローンを契約したい場合

また、現在契約しているカードローンではなく、新規でカードローンを契約したい方もいますよね。そんな時も、まずはカードローンの解約から始めてみてください。

カードローンを新規契約する際に、既に他のカードローンを契約している場合、審査に通過することが難しくなります。

もしカードローンを契約しているなら、先に解約をしてから新規申し込みをするようにご注意ください。

解約しない限り履歴も残った状態に

カードローンは返済したら解約、というわけにはいかないので、カードローンを契約している以上お金を借りていることと同じ状況になってしまいます。

カードローンの信用情報機関にも契約の履歴は残ったままですし、この状態で新規申し込みをしても利用者としての信頼度は低くなります。

その結果、新規申し込みをしてもカードローン審査に落ちてしまうことが考えられます。新たにカードローンを作りたい!という方も、まずは今契約しているカードローンの契約からスタートさせてくださいね。

解約手続きはお早めに!カードローンの賢い使い方

これからカードローンを使いたいという方もいれば、もうカードローンを使う必要はないと感じている方もいるものです。もし今後カードローンを使う予定がないなら、できるだけ早めに解約手続きを行ってください。

使わないカードローンは早々に解約してしまう、ということも、カードローンの賢い使い方のひとつです。無駄なお金を借りることがないよう、スムーズに解約手続きを終えておきましょう。

【参考記事】
完済後のカードローンはすぐに解約を!早めの手続きがおすすめ

閉じる
閉じる