カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

すぐに審査を受けても通過できるの?転職後のカードローン利用

カードローンを利用するためには、必ず審査を受けなければなりません。まずは審査条件をチェックして、カードローンを契約可能な状況かどうか見直していくことから始めていきましょう。

カードローンの審査において特に重視されるのは、職業や収入に関するポイントです。安定した仕事に就いているか、安定した収入があるか、チェックされますのでご注意くださいね。

たとえば転職後にカードローンを利用する場合、仕事や収入が安定していない場合は審査に通過できないケースもあります。転職後のカードローン審査はタイミングが大切ですよ。

安定した仕事が必須!カードローン審査で重視される職業

カードローンは無職では利用できないサービスです。仕事をしていても、雇用状況が不安定であったり、今後も変わらず仕事を続けていけるか分からない場合も注意が必要です。

カードローンを利用するなら、安定した仕事は必須だと考えてください。現在仕事が不安定な場合は、そこから見直していきましょう。

仕事の状況が安定していればOK!

仕事が安定していると言えば、まず正社員や公務員などが挙げられますが、アルバイトやパートの方でもカードローンの利用対象になっています。

つまり、どのような職業でも、仕事の状況が安定していればカードローンを利用できるというわけです。

アルバイトやパートの他、派遣社員の方、契約社員の方でも仕事面に安定性があると判断されれrば、カードローン審査に通過できる可能性はありますよ。

転職後すぐに審査を受けてもいい?通過できないケースも

カードローン審査で仕事の安定性を判断する基準としては、みなさんの「勤続年数」がポイントとなっています。勤続年数とは、同じ職場で働いている年数のことです。

勤続年数が長期であるほど、カードローン審査では有利となります。反対に勤続年数が短い場合は審査に通過できないケースもあります。そのため、転職後の審査は落ちる恐れが高いのです。

転職後にカードローンを利用する場合は、すぐに申し込みをすることは避けておいた方が良いでしょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
短いよりも長い方が◎カードローン審査で重視される「勤続年数」

状況が不安定になりやすい転職後

どんなに仕事ができる人でも、転職後は新しい職場での新しい仕事となるので、慣れるまでに時間もかかりますし、その仕事を長く続けられるかどうかも分からない状況ですよね。

審査では「これまで安定した仕事をしてきたか」ということはもちろん、「今後も安定して仕事に就くことができるか」といったことも重視されます。

  • 今までの仕事の安定性
  • これからの仕事の安定性
  • 収入面の安定性

以上のポイントをチェックした上で、カードローンの審査を受けるようにしましょう。

カードローン審査においては、転職後は状況が不安定と判断されやすいので、申し込みはタイミングを見ることが大切ですよ。

いつ申し込みする?カードローン審査を受けるタイミング

では、転職後にカードローン審査を受けたい時はいつ申し込みをすれば良いのでしょうか?

申し込みはタイミングが重要となりますので、転職後すぐに申し込みをするのではなく、状況が安定するまで待つことがおすすめです。

収入が安定するまで待って!

カードローンの申し込みをするタイミングの目安としては、収入が安定してきた時期を狙うと良いでしょう。

「今すぐカードローンを使いたい!」という方も多いかと思いますが、仕事や収入が安定しないうちに審査を受けても、落ちる恐れが高まるだけです。まずは急がず、慌てず待ちましょう。

また、仕事はできるだけ長く続けることが大切ですよ。

転職を繰り返したり、同じ職場で働き続けることができなかったり、何らかの問題がある場合は審査落ちの原因となります。

今まで何度も転職をしてきた方は、今度は同じ職場で長期間働くことを目標にしてみてくださいね。

ブラックにならないように!申し込みを繰り返すことの危険性

以上でお話ししてきたように、転職後すぐの場合、カードローン審査において不利になる面が多々あります。すぐにお金を借りたい気持ちも分かりますが、まずは焦らないことです。

カードローンに申し込みをして審査に落ちる…ということを繰り返していると、「申し込みブラック」として処理されてしまう危険性があります。

ブラックにならないようにするためにも、必ずタイミングを見てカードローンの申し込みをするようにしましょう。

【参考記事】
カードローンの審査に落ちる大きな原因に!「ブラック」とは

閉じる
閉じる