カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

借金には気をつけて!公務員でもカードローン審査に落ちることも

カードローンを利用するための審査条件としてまず挙げられるのが「仕事や収入が安定している」というポイントです。

無職・無収入の状況ではカードローンは利用できませんし、仕事をしていても状況が安定しない、収入も不安定…となると、審査に通過することは難しくなります。

このような審査条件があることから、仕事も収入も安定している公務員の方はカードローン審査に通過できる可能性が高いと見られていますが、公務員のみなさんでもカードローン審査に落ちてしまうことはあります。

ここでは公務員のみなさんがカードローンを利用する際に注意しておくべきポイントについてお話ししていくことにしましょう。

どうして?公務員がカードローン審査に通過しやすい理由

まずはカードローンの一般的な審査条件についてよく理解しておきましょう。

公務員はカードローン審査に通過する可能性が高いと言われていますが、なぜ審査に通過する可能性が高いのか?その理由について見ていきたいと思います。

仕事・収入の安定が審査通過のカギに

カードローンの契約をするには、次のような審査条件をクリアすることが前提となっています。公務員のみなさんはどれもクリアしやすい条件ではないでしょうか。

  • 年齢が満20歳以上
  • 仕事の状況が安定している
  • 安定・継続した収入が望める

公務員の場合、仕事も収入も安定している状況が長く続きやすいので、カードローン審査において大きな問題はありません。

このようなことから、公務員はカードローン審査に通過しやすいと考えられているのです。

公務員でもカードローンの審査に落ちる?借金には注意して

ただし、そんな公務員のみなさんでもカードローン審査を受ける際に注意しておくべきポイントがあります。それが「借金」です。

もし現在、他社のカードローンなどで既に借金をしているようなら、たとえ公務員でもカードローン審査に通過できる可能性は低くなります。

借金があるなら完済を重視!

仕事の状況に問題がなくても、どんなに高収入を得ることができていても、借金が影響してカードローン審査に落ちることは少なくありません。

何らかの理由によって借金を抱えている公務員のみなさんは、まずは今ある借金を完済することを一番に考えるようにしましょう。

カードローンを新規で契約してお金を借りることよりも先に、今ある借金を完済することの方が先です。安全のためにも、お金を借りることより返すことを重視してくださいね。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
他ローンを延滞してない?カードローンの審査前にしっかり完済を

例外もあり?住宅ローン利用者におすすめのカードローン

以上のように、既に借金がある場合はカードローン審査に通過することが難しくなりますが、借入をしている理由が「住宅ローン」である場合は例外です。

住宅ローンはかなりの高額になることは否めませんが、最近は住宅ローン利用者向けのカードローンも増えてきているので、サービス選びによっては十分利用可能です。

金利引き下げでお得に借入も

公務員として仕事をしているみなさんの中には、現在住宅ローン利用中の方やこれから住宅を購入される予定の方も多いかもしれませんね。

住宅ローン利用者向けのカードローンでは、金利が引き下げになるなどのお得なサービスも行われています。

  • 住宅ローン利用中のお金の悩みにも対応
  • 金利引き下げでお得に借入できる
  • 住宅ローン完済後の方も利用できる可能性も

住宅ローン利用者向けのカードローンには、このようなメリットがありますので、ぜひ活用してみてくださいね。

カードローン利用は計画的に!自分の収入の範囲内で借入を

カードローンは公務員などの仕事や収入が安定している方であれば、審査に通過できる可能性は十分あります。

けれども、ここでお話ししてきたように、今抱えている借金の問題には注意しておきましょうね。

また、カードローンを利用する際には「計画性」も重視してください。ご自身の収入の範囲内でお金を借りることはもちろん、返済日を必ず守ること、利息もしっかり支払うことが大切です。安全にカードローンを活用していきましょう。

【参考記事】
審査に通りやすいとは限らない?大手カードローンの審査通過率

閉じる
閉じる