カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

選ぶならどっち?無担保カードローンと有担保カードローン

消費者金融や銀行で利用できるカードローンの多くは「無担保カードローン」となっています。無担保カードローンとは、不動産などの担保なしで利用できるカードローンのことで、相反するサービスに「有担保カードローン」があります。

ここでは無担保カードローンと有担保カードローン、迷った時はどっちを選べばいいの?といったポイントについてお話ししていくことにしましょう。

一般的なカードローンの中では無担保のサービスが主流ですが、サービスによっては担保が必要となるケースもあります。有担保カードローンの特徴についてしっかり理解しておきましょうね。

担保も保証人もなし!「無担保カードローン」のメリット

まずは「無担保カードローン」の特徴から見ていきましょう。みなさんが現在利用しているカードローン、これから利用を考えているカードローンの多くは無担保カードローンのひとつです。

無担保カードローンには、担保なしでお金を借りられることはもちろん、保証人も付けずにカードローンを利用できるというメリットがあります。

このようなことから、無担保カードローンは初めてカードローンを利用するみなさんにもぴったりのサービスと言えるでしょう。

忘れず準備!無担保カードローンの必要書類

無担保カードローンを利用する時には、一般的に次のものが必要となります。

  • 本人確認ができる身分証明書
  • 収入状況が確認できる収入証明書

身分証明書と収入証明書の提出は必要不可欠なので、カードローンの申し込み前にはしっかり準備しておきましょう。

有担保カードローンの場合も、無担保カードローン同様、身分証明書と収入証明書の提出が求められますが、その他にも準備しておくべきものがあるので忘れずにチェックしてくださいね。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
収入証明書があった方が有利?カードローン審査の必要書類

土地や建物などの不動産担保が必須!「有担保カードローン」

では、有担保カードローンを利用する際には何を準備しておけば良いのでしょうか?まず必要不可欠となっているのが「担保」です。

有担保カードローンで担保として利用できるのは、主に土地や建物などの不動産です。そのため「不動産担保カードローン」というサービスもあります。

有担保ローンを利用する以上、担保を付けることは必須となっていますので、あらかじめご注意くださいね。

審査条件によっては保証人も必要に

また、有担保カードローンのサービス内容や審査条件によっては「保証人」も必要となります。

無担保カードローンは保証会社が保証してくれるため、保証人不要で借入ができるケースがほとんどですが、有担保カードローンでは保証人を付けなければならないケースもあります。

カードローンにおける保証人の有無は、申し込み前にしっかり確認しておきましょう。担保と保証人、両方の準備が整ってから申し込みをしてくださいね。

担保によっては審査落ちも…有担保カードローン利用前の心構え

有担保カードローンの審査では、みなさんの申し込み状況はもちろん、担保に関しても細かくチェックされます。その結果、カードローン審査に落ちてしまう…というケースも少なくありません。

有担保カードローンでは担保の状態が融資に影響しますので、担保に問題があれば審査に落ちてしまうのは当然のことです。

担保を付ければ誰でも有担保カードローンを利用できるというわけではなく、担保の状態が審査結果を左右するということをよく覚えておきましょう。

借入金額にも影響する担保の良し悪し

有担保カードローンのメリットとしては、無担保カードローンに比べて高額を借りることができる可能性が高い、という特徴が挙げられます。

担保の状態に値する金額を借りることができるので、みなさんが高額の融資を受けられるかどうかは、担保の状態の良し悪しにかかっているというわけです。

  • 有担保カードローンは高額融資も可能
  • ただし担保の状態で審査結果は左右される
  • 場合によっては審査落ちの恐れも

有担保カードローンを利用する前には、以上の特徴をよく理解しておきましょう。

どっちを選ぶべき?迷った時はよく考えてから行動に移して

いかがでしたか?カードローンには「無担保カードローン」と「有担保カードローン」がありますので、まずはどちらを利用するべきか、よく考えてから行動に移しましょう。

担保なしで必要最低限のお金を借りるのか、担保を付けて少しでも高額の借入をしたいのか、自分がどのようにカードローンを利用してきたいのか?というポイントもしっかり考えてみると良いでしょう。

閉じる
閉じる