カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

現在、任意整理中…債務整理中のカードローン審査は控えるように

カードローンでお金を借りたい!でも、今は任意整理中…。そんな時はどのように対処すれば良いのでしょうか?ここでは任意整理中など債務整理の真っ最中の方に向けたカードローン審査への向き合い方についてお話ししていきたいと思います。

カードローンを利用するために、みなさんは様々な条件をクリアしていく必要があります。審査の際に何らかの問題が見られる場合、カードローンの審査に通過することはできません。

現在任意整理中の方は、特に審査の際に問題視されやすくなっています。債務整理を行っているなら、今はカードローン審査を受けることは避けておくことが無難ですよ。

今はどんな状況?債務整理のひとつである任意整理中の場合

まずは「任意整理」の状況についてよく見ていきましょう。カードローンの任意整理とは、利息負担を減らすなど多額の借金を減らす「債務整理」のひとつです。

「借金を3年~5年をかけて分割で返済する」ということを、カードローン業者間と互いに和解するための手続きのことを任意整理と呼びます。

弁護士や司法書士が依頼を受け、カードローン業者側と交渉してくれることが特徴的です。

返済に無理を感じたらすぐに相談を

任意整理をしなければならない状況になる原因としては、次のような例が挙げられます。

  • カードローン利息が増え過ぎた
  • 複数社で借金をして返済に無理が生じている
  • 収入状況が悪く返済ができなくなった

既に任意整理をする必要がある状況になってしまったのなら仕方がありませんが、みなさん自身の安全のためにも最悪の事態に陥る前に、カードローンの使い方を改める必要があります。

何らかの理由によってカードローンの返済に無理が生じているなら、できるだけ早く専門家に相談するようにしましょう。

カードローン審査に通過できる?信用情報機関の情報に注意

では、以上のような任意整理中である場合、カードローン審査に通過することはできるのでしょうか?実は任意整理中という情報は、最低でも5年は「信用情報機関」に残ることになります。

任意整理をはじめとした信用情報機関に載っている債務整理の情報、カードローン審査に大きく影響する、ということをよく覚えておきましょう。

今はカードローン利用を避けることが◎

現在カードローンの任意整理中である場合、新規のカードローン審査に通過することはまずありえません。みなさんがどうして任意整理の状況になっているのかよく考えてみてください。

以前カードローンの利用時に問題があったからこそ、任意整理中になってしまっているわけですから、業者側はそのような問題のある人を利用者と認めるわけにはいきませんよね。

信用情報機関は「カードローン利用者として信用できるか?」というポイントを見極めるために存在しています。

任意整理中ということは、カードローン利用者としての信用性はかなり低い状態です。審査落ちするケースも十分に考えられます。

任意整理中である今の段階では、新規でカードローン審査を受けることは避けておきましょうね。

新規契約するには?任意整理の情報が消滅するまで待つように

任意整理中の方がカードローンを新規で契約するには、まず信用情報機関に残されている「任意整理をした」という情報が消滅するまで待つ必要があります。

先ほどもお話ししたとおり、任意整理の情報が消えるまでには最低でも5年はかかります。場合によってはさらに長引くこともあるのでご注意ください。

新たな借入よりも返済を重視!

また、任意整理をすることになった原因の借金を分割で返済することも約束しているわけですし、カードローンを新規で契約して借入をすることを考えるよりも、今は返済を重視していきましょう。

分割返済をするにしても、やはり計画性を身につけないことには完済を目指すことはできません。必ず自分に合った返済計画を立ててくださいね。

これから新たに借入をしたいなら、今ある借金をスッキリと片付けてから、また改めてカードローンの契約について考えるようにしましょう。

根本から問題を解決!カードローンの使い方を見直してみて

任意整理などの債務整理をするべき状況に陥る原因は必ずどこかにあります。どのようなところに問題があったか、ご自身のカードローンの使い方をよく見直してみることも大切ですよ。

カードローンの借金問題については、根本的な問題を解決しない限り、再度カードローンを利用してもまた任務整理に…という状況にもなり兼ねません。十分ご注意くださいね。

【参考記事】
カードローンの審査に落ちる大きな原因に!「ブラック」とは

閉じる
閉じる