カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

収入証明書があった方が有利?カードローン審査の必要書類

カードローン審査に通過する上で必須となっているのが、身分証明書などの「必要書類」です。申し込み時には提出が求められますので、申し込みをする前にしっかり準備しておきましょう。

また、身分証明書の他、収入証明書の準備も忘れてはなりません。収入証明書とは、みなさんの収入状況を確認するための書類です。安定収入があるかどうかが審査通過のカギですからね。

ここでは「収入証明書があった方がカードローン申し込みに有利なのか?」といったポイントについてお話ししていきたいと思います。これから申し込みをする方はご参考にしてくださいね。

必要書類をチェック!身分証明書は運転免許証がベスト

まずはカードローンの必要書類として一番に準備しておかなければならない「身分証明書」について見ていきましょう。

身分証明書として認められる書類は様々ありますが、一般的には「運転免許証」がスタンダードとなっています。

氏名や住所、顔写真もしっかり確認することができますので、カードローンを申し込みするなら運転免許証を身分証明書として提出してくださいね。

免許を持っていない…そんな時はコレ!

でも、中には「運転免許証を持っていない!」という方もいらっしゃるかと思います。そのような場合には、次のような身分証明書を活用してみてください。

  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住基カード

パスポートや住基カードは顔写真も付いていますのでおすすめです。

健康保険証の場合は、他に身分証明の確認ができるもの(住民票など)を併せて提出しなければならない、というルールが決められている業者もあります。

身分証明書を提出する際のルールもあらかじめチェックしておきましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
必要書類は健康保険証でOK?カードローン本審査の時間にも注目

カードローン審査に有利?収入証明書は返済能力の決め手に

カードローンの申し込み時には上記でご紹介した身分証明書の他、みなさんの収入面を確認する「収入証明書」の提出も求められます。ここからは収入証明書についてお話ししていきましょう。

カードローン業者側は、収入証明書を通してみなさんの「返済能力」をチェックしています。

返済能力はカードローンを利用する上での大きな決め手となるポイントですので、審査では収入証明書も重視されています。

収入証明が不要なこともあるの?

けれども、カードローン業者によっては「借入金額によっては収入証明書は不要」としていることもあります。

確かに金額次第では収入証明書の提出が必要のないケースもありますが、万が一、提出を求められた時のことを考えて、あらかじめ準備しておくことをおすすめします。

ただし、収入証明書を提出したからといって「必ず審査に通過できる!」とは限りません。その点は注意しておきたいですが、収入証明書が必要であることに変わりはありませんよ。

身分証明書と収入証明書、両方を準備した上で申し込み手続きを始めてくださいね。

職業によって変わる?準備しておくべき収入証明書一覧

では、カードローン審査時に利用できる収入証明書にはどのようなものがあるのでしょうか?

収入証明書は、会社員の方と個人事業主や自営業者の方とでは、準備するべきものが少々異なっています。

ご自身の収入を証明することができる書類を選んで準備しておきましょう。

源泉徴収票や確定申告書がおすすめ!

カードローン審査では、次のような書類が収入証明書として認められています。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書

会社員の方の場合は、源泉徴収票や給与明細書を、個人事業主や自営業者の方は確定申告書を提出してください。

その他、市民税や県民税の税額決定通知書、所得証明書なども収入証明書として利用できますので、念のために準備しておくとより安心して審査を受けられるでしょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
仕事や収入の安定性が重要!個人事業主・自営業者のカードローン

虚偽情報は絶対NG!必要書類の不備にも気をつけて

カードローンの必要書類について見てきましたが、申し込み時に注意しておきたいのは、必要書類の不備です。記載内容に誤りや抜けがないか、しっかりチェックしてから申し込みしてくださいね。

また、虚偽情報を利用してカードローンの申し込みをすることは絶対にNGです。必要書類の内容を意図的に変えるなど、ウソをついて申し込みをすることはやめてくださいね。正しい情報で申し込みをしましょう。

【参考記事】
申し込み時の嘘はバレる!カードローンの審査には誠実な対応を

閉じる
閉じる