カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

住宅ローン「フラット35」の審査に通る?妻のカードローンの影響は

固定金利で住宅ローンを利用できることが特徴の「フラット35」。これから住宅を購入する予定のみなさんの中には、フラット35の契約を考えている方も多いかもしれませんね。

ただし、フラット35を利用するためには、ローンを利用するための審査条件を満たしている必要があります。そこで注目しておきたいのが「現在カードローンを利用しているケース」です。

現在ご自身がカードローンを利用している場合、妻がカードローンを利用している場合、フラット35の審査に通ることはできるのでしょうか?申し込みをする前に審査を受ける上でのチェックポイントを確認していきましょう。

「フラット35」って?固定金利型住宅ローンのメリット

まずは「フラット35」がどのような住宅ローンなのか、サービス内容をご紹介していきたいと思います。

フラット35とは「全期間固定金利型住宅ローン」のことで、全国の金融機関と住宅金融支援機構が提携してサービスを行っています。

固定金利ということで、借入時期にかかわらず同じ金利でローンが利用できるというメリットがあることが特徴的ですね。

「フラット35」の審査条件をチェック!

では、フラット35を利用するためにはどのような審査条件をクリアすれば良いのでしょうか?フラット35の審査条件としては、次のようなチェックポイントが挙げられます。

  • 年齢が満70歳未満(申し込み時)
  • 日本国籍であること
  • 年収から見る総返済負担率に問題がないこと

フラット35は、年齢制限をクリアしている日本国籍の方はもちろん、外国籍の方でも「永住許可を受けている方」もしくは「特別永住者の方」なら申し込み可能です。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
外国人でも借入はできる?カードローン審査前に準備するべきもの

年収から見る「総返済負担率」に注意

また、フラット35の注意点としては、年収から見る総返済負担率に問題があると、審査に通過することができない、というポイントが挙げられます。

総返済負担率に関しては、フラット35以外のローンサービスの返済も含めての計算となります。そのため、カードローンを利用している場合は、返済負担率が高くなることがあるのでご注意ください。
  • 年収400万円未満の場合、総返済負担率30%以下
  • 年収400万円以上の場合、総返済負担率35%以下

以上がフラット35における「年収から見る総返済負担率の基準」となります。現在カードローンを利用している場合、この基準を満たせないことも考えられます。

カードローンの他、クレジットカードのキャッシングやリボ払いも含まれるので、既に借入をしている方は十分気をつけておきたいですね。

住宅ローンの審査に影響する?妻が利用中のカードローン

では、住宅ローンを契約するみなさん自身がカードローンを利用している場合だけではなく、たとえば「妻がカードローンを利用している場合」などはフラット35の審査に影響するのでしょうか?

借金の問題はローン審査への大きな影響がありますが、もし妻がカードローンを利用していたとしても、フラット35の審査には影響しません。

ただし、妻が「収入合算」によってフラット35の連帯債務者となるなら、住宅ローンの審査対象となるので、カードローンでの借金は影響してくることになります。

「収入合算」をしたら妻も審査対象に

フラット35では年収から見る総返済負担率の基準があるとお話ししましたが、申し込みをする本人の収入だけでは不十分な場合もありますよね。そんな時に活用できるのが「収入合算」です。

申し込み者本人の配偶者や親、子どもなど、年齢が満70歳未満であれば、収入合算によって総返済負担率を下げることができます。

けれども、妻にカードローンの借金があるなど、既に借入をしているなら総返済負担率にも影響してくることになります。

収入合算をした時点で、妻もフラット35の審査対象となりますので、カードローンを利用中であることが原因で審査落ち、ということも考えられます。あらかじめ注意しておきましょうね。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
カードローン審査に落ちやすい?他社借り入れがある場合の注意点

住宅ローン利用者専用!カードローンを切り替える方法も

さて、フラット35で住宅ローンをを契約するにあたって、様々な審査条件があることが分かりましたが、カードローンにも様々なサービスがあることをご存知ですか?

金融機関によっては「住宅ローン利用者専用のカードローン」を契約することもできるので、カードローンを切り替えるという方法もおすすめです。

フラット35は専用カードローン対象外?

こうしたサービスは、まず「住宅ローンを利用していること」が前提となっているカードローンですが、他社からの借換えに応じている金融機関もあります。

ただし「当行の住宅ローンのみ対象、フラット35は対象外」としている金融機関も少なくありませんので、カードローンの審査条件もよくご確認ください。

とは言え、カードローンと住宅ローンを同時に利用することは不可能ではありません。まずは金融機関の方へよく相談をしてみると良いでしょう。

サービス内容はしっかり比較!自分に合った住宅ローンを

フラット35は住宅購入はもちろん、リフォーム一体型のタイプのフラット35、子育て支援型のフラット35などもあり、サービス形態も様々です。

まずはご自身に合った住宅ローンを選ぶことが大切ですので、フラット35のそれぞれのサービス内容を比較する他、各金融機関の住宅ローンについてもよくチェックしてみてくださいね。

閉じる
閉じる