カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

外国人でも借入はできる?カードローン審査前に準備するべきもの

日本国内でカードローンを利用するのは主に日本人ですが、外国人でもカードローン審査を受けることはできるのでしょうか?ここでは外国人が日本でカードローンを利用する場合についてお話ししていきましょう。

外国人の方がカードローン審査を受ける場合、日本人とはまた異なる条件をクリアしなければなりません。日本人が利用するケースと外国人が利用するケースを比較しながら見ていきましょう。

また、カードローン業者自体が外国人の利用は不可としているケースもありますので、外国人の方のカードローン選びはあらかじめ注意しておきたいですね。

日本人とは何が違う?外国人がカードローンを利用するには

まずは日本人の方がカードローン審査を受ける場合、外国人の方がカードローン審査を受ける場合の例を比較してみることにしましょう。

カードローンでは必ず審査を受けることになります。一定の条件をクリアすることで、カードローンの利用者として認めてもらうことができます。

外国人の方は、外国人がカードローンを利用するための審査条件をしっかりチェックしておきましょう。

外国人に必要な「本人確認書類」

カードローンの審査条件には、外国人の方限定の条件が提示されていることが特徴的です。

  • 在留カードを所持していること
  • 特別永住者証明書を所持していること

日本人の場合、カードローン審査では運転免許証や保険証で本人確認ができますが、外国人の場合は上記の書類が本人確認書類として認められています。必ず準備しておきましょう。

また、中には「永住許可を受けていること」を審査条件としているカードローン業者もあります。

各カードローン業者によって審査条件はそれぞれ異なっているので、各業者の条件を確認しておいてくださいね。

安定収入が必要不可欠!仕事はアルバイトやパートでもOK

外国人が利用可能なカードローンの場合、以上のような審査条件をクリアすれば、カードローンの利用者として認めてもらうことができます。

ただし、本人確認が取れたら誰でもOK!というわけではありません。カードローンを借入するためには「安定収入」が必要不可欠となっています。

現在、みなさん自身の収入は安定しているでしょうか?まずは自分の収入状況をよく見直してみましょう。

日本人と同じ!仕事面・収入面の条件

近年、カードローンはアルバイトやパートとして働いている方、派遣社員の方、契約社員の方でも利用することができます。

これは日本人の方でも外国人の方でも同じですが、どのような職業であっても収入が安定していなければカードローンの審査対象外です。

正社員ではなくても構いません。バイトでも良いので収入を安定させていきましょう。今後も安定収入が継続できると示すことができれば、カードローン審査に通過できる可能性も高まります。

日本人でも外国人でも、仕事面・収入面の審査条件に変わりはありません。よく理解しておきましょう。

外国人は利用不可?あらかじめカードローン審査対象を調べて

外国人が利用対象となっているカードローンであれば、こちらでご紹介した審査条件をクリアすることで、外国人の方でも借入できる可能性は十分にあります。

けれども、カードローンによっては「外国人は利用不可」としているケースもありますので、カードローンの審査対象を詳しくチェックしておきましょう。

問題はなくても借入NGになるケース

消費者金融のカードローン、銀行のカードローンなど様々なサービスがありますが、ほとんどのカードローンで外国人の利用が認められています。

ただし、外国人利用不可となっているカードローンにおいては、たとえ本人確認書類や仕事・収入面に問題がなくても借入はできません。

必ず外国人が利用対象となっているカードローンを選ぶようにしてくださいね。

外国人でも大丈夫!まずはカードローンに申し込み、審査を

日本に在留中の外国人のみなさん、日本に永住している外国人のみなさんでも、日本人と同じようにカードローンを利用したい時もありますよね。

日本国内のカードローン業者では、外国人に向けてサービスを提供しているところもたくさんありますので、まずは外国人が利用可能なカードローンを探して申し込み、審査を受けてみましょう。

閉じる
閉じる