カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

審査の通りやすさには無関係!保証会社が2社以上のカードローン

カードローンの利用条件をチェックしていると「保証会社」という言葉を見掛けるかと思います。この保証会社とは、一体どのような存在なのでしょうか?ここではカードローンの保証会社についてお話ししていきたいと思います。

銀行カードローンの多くの商品概要で目に入る「保証会社」ですが、カードローンによっては2社以上の保証会社を設けていることもあります。

保証会社が2社以上ある場合、自分で選ぶことができると勘違いしやすいですが、残念ながらみなさん自身で選ぶことはできません。また、審査の通りやすさにも無関係なので、あらかじめご注意くださいね。

保証会社って?カードローンを契約する時に必要不可欠なこと

まずはカードローンの「保証会社」について詳しくご説明していきましょう。保証会社とは、簡潔に言うと「カードローンの審査をする会社」のことを指しています。

申し込み内容からカードローンの審査を行ったり、信用情報をチェックしたり…といった仕事を行うのが保証会社です。

銀行カードローンだからといって、カードローンの審査を銀行側が行っているわけではないのです。保証会社の審査に通過しなければ、カードローンを契約することはできません。

審査に大きく関わる「信用情報機関」

ちなみに、銀行カードローンの保証会社は消費者金融となっていることが多く見られています。

なぜ銀行の保証会社が消費者金融?と不思議に思うかもしれませんが、これには「信用情報機関」における利用履歴を確認することができる、というメリットがあります。
  • 以前カードローンを利用したことはあるか?
  • 延滞をした履歴は残っていないか?
  • 金融事故によるブラックではないか?

カードローン審査では以上のようなことも考慮した上で結果を決めることになります。

銀行と消費者金融では信用情報機関は異なっていますが、保証会社が消費者金融となっているため、信用情報を共有することができる、というわけです。

担保・保証人不要で借りられる!保証会社があるメリット

銀行カードローンの保証会社が消費者金融になっている理由は上記のとおりですが、保証会社が付いていることで、みなさんにも少なからずメリットはあります。

ここからはカードローンの保証会社があるメリットについて、利用者目線で見ていくことにしましょう。

カードローンは「無担保ローン」のひとつ

ローンと言えば「担保」や「保証人」が必要となるものですが、カードローンは基本的に無担保ローンとして扱われています。

無担保ローンなので担保はもちろん不要ですし、保証人も不要で契約が可能です。これはカードローン利用者にとっての大きなメリットと言えるでしょう。

カードローンを利用するために担保を用意する必要もなく、家族や友人に保証人を頼む必要もありません。

ただし、カードローンの審査に通過するには、みなさん自身の信頼性が重要となっていることを忘れないでくださいね。

保証会社は自分で選べない?審査の通りやすさとも無関係

カードローンの保証会社については、1社のみではなく2社以上設けられているケースもあります。この場合、2社同時に保証をしてくれるというわけではなく、どちらか1社が保証をしてくれることになります。

この時に注意しておいてほしいのが、カードローンの保証会社は利用者自身で選ぶことはできないというポイントです。

銀行カードローンであれば、銀行側が保証会社を決めることになります。勘違いしやすいポイントなのでご注意くださいね。

保証会社に対する勘違いポイント

その他、「保証会社が選べるカードローンは審査に通りやすい」という噂もカードローンの保証会社に関する勘違いポイントのひとつとして挙げられます。

先にもご説明したとおり、カードローンの保証会社は利用者が自分で選ぶことはできないので、「保証会社が選べるカードローン」というものがそもそも存在していません。

さらに、保証会社が2社以上あったとしても「カードローン審査に通りやすい・通りにくい」といった問題とは一切無関係となっています。

勘違いしたまま申し込みをしてしまうと、あとで恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。カードローンの申し込みをする前に、こうした勘違いポイントをしっかり見直しておきましょう。

しっかり準備!カードローン審査に通過するための心がけが大切

これから銀行カードローンを利用するみなさんは、商品概要に記載されている「保証会社」の項目をしっかりチェックしてみましょう。1社の場合はその会社がみなさんの審査を行ってくれます。

もし2社以上ある場合は、どちらか一方の会社が審査を行うことになりますが、たとえどのような場合であっても、保証会社の数によって審査の通りやすさが決まるわけではありません。

大切なのは、みなさん自身がカードローン審査に向けてしっかり準備をしておくことです。無事に審査通過するためにも、見落としのないよう準備しておいてくださいね。

【参考記事】
審査に通りやすいとは限らない?大手カードローンの審査通過率

閉じる
閉じる