カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

審査では年収の条件も!公務員専用カードローンもある「広島銀行」

広島県民のみなさんにはお馴染みの「広島銀行」。様々なローンサービスが利用できますが、ここでは広島銀行のカードローンについてご紹介していくことにしましょう。

広島銀行には6つのカードローンがあります。まずはそれぞれどのようなカードローンなのか知っておきたいですよね。審査を受ける前に、各カードローンのサービス内容をしっかり学んでいきましょう。

また、広島銀行において特徴的なカードローンとしては、公務員専用のカードローンが挙げられます。公務員の方は「公務員カードローン」と「ミニ公務員カードローン」もよくチェックしてみてくださいね。

最高1,000万円まで融資可能!融資利率の違いには要注意

まずは審査次第では高額の借入も可能なカードローンからご紹介していきましょう。

広島銀行の「マイライフプラス」と「スーパーカードローンVIP」では、最高1,000万円までの借入が可能となっています。

ただし、マイライフプラスにおいては、融資金額が1,000万円までとなっているのはカードのみです。分割返済型での契約は300万円までと決められています。あらかじめご注意くださいね。

しっかり比較!カードローンの貸付条件

では、マイライフプラスのカード型と分割返済型、スーパーカードローンVIPの貸付条件はどのように設定されているのでしょうか。以下の表で融資金額と融資利率をご確認ください。

カード型 分割返済型 VIP
10万円以上1,000万円以内 10万円以上300万円以内 10万円以上1,000万円以内
年2.475%~年13.975% 年3.3%~年13.3% 年3.00%~年14.00%

融資利率については、マイライフプラスの場合は変動金利、スーパーカードローンVIPの場合は固定金利となっています。

同じ1,000万円までの借入ができるカードローンでも、融資利率の設定には違いがあります。サービス面の細かいところまでしっかりチェックしてくださいね。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
借入希望額が高すぎると与信審査で落ちる?カードローンの限度額

こんな人にもおすすめ!広島銀行の幅広いカードローンサービス

続いては、広島銀行の「ハローローンワイド」と「総合口座プラス30」についてご紹介していきましょう。

こちらはそれぞれ全く異なったカードローンとなっていますので、ご自身の状況に見合ったサービスをチェックしてみると良いでしょう。

主婦や年金受給者、新入社員でも◎

「ハローローンワイド」はパート・アルバイトの方、新入社員の方、年金受給者の方、主婦の方なども利用可能なカードローンです。

カード型、直接返済カード型、分割返済型の3つのタイプに分けられており、カード型はどちらも500万円まで、分割返済型では300万円までの借入が可能です。

融資利率については以下の表をご覧ください。

カード型 直接返済カード型 分割返済型
年7.5%~年14.6% 年7.5%~年14.6% 年12.0%~年14.6%

こちらは固定金利のサービスです。主婦のみなさんや年金受給者のみなさんは、なかなかカードローンを利用しにくい状況ではありますが、審査対象なのでご安心くださいね。

ただし、収入が安定していない状態でのカードローン申し込みは、審査に落ちることも考えられます。あらかじめ気をつけておきましょう。

利用中の口座に融資枠をプラス

ところで、みなさんの中には既に広島銀行の口座を持っている方も多いかと思います。そんなみなさんにおすすめなのが「総合口座プラス30」です。

こちらはいつもみなさんが利用している広島銀行の口座に融資枠を設けることができるタイプのカードローンです。最高融資枠が30万円までとなっているため、プラス30という名称なんですね。

普段利用している口座に融資枠を設けることで、急な出費にもすぐに対応することができるようになりますよ。

けれども、こちらのカードローンには「年収制限」があります。年収が120万円以上(税込)である方のみ審査対象となります。

続いても年収制限のあるカードローンをご紹介していきますので、年収に不安のある方は申し込み前によく確認しておきましょう。

年収制限あり!公務員専用カードローンの審査条件

広島銀行におけるローンサービスの大きな特徴として「公務員専用のカードローン」があることが挙げられます。

「公務員カードローン」と「ミニ公務員カードローン」の2タイプがありますが、それぞれ融資枠の上限や審査条件が異なっています。

サービス形態としては総合口座プラス30と同様、利用中の広島銀行の口座に融資枠を設けることができるカードローンです。広島銀行を利用中の公務員のみなさんにおすすめですよ。

「税込定例年収」はどのくらい必要?

まず「公務員カードローン」を利用するには、50万円型、100万円型、200万円型、300万円型それぞれの融資枠に対応している「税込定例年収」の条件をクリアしていなければなりません。

たとえば、100万円型の公務員カードローンを契約する場合、税込定例年収が300万円以上であることが条件となります。年収が300万円に満たない方は審査対象外となります。

その他、200万円型は年収400万円以上、300万円型では年収500万円以上が条件です。例外として50万円型なら安定収入を継続して得られている方ならOKとなっています。

審査対象は給与振込がある方のみ

以上のように、広島銀行の公務員カードローンには年収制限がありますが、「ミニ公務員カードローン」の場合はまた異なる条件があることが特徴的です。

ミニ公務員カードローンを契約する場合、広島銀行へ10万円以上の給与振込がある方が審査対象となります。

口座に設けることができる融資枠についても10万円までとされていますので、ミニ公務員カードローンの特徴もよく理解した上で申し込みについて考えてみると良いでしょう。

カードローンを活用!自分のライフスタイルに合うものを

いかがでしたか?広島銀行では非常に様々なカードローンがありますので、それぞれの貸付条件や審査条件を誤って理解しないように十分ご注意くださいね。

カードローンは自分に合ったものを使うことで、より良く活用していくことのできるサービスです。まずは広島銀行でみなさんのライフスタイルにぴったりのカードローンを探してみましょう。

【参考記事】
大手とは何が違う?独自の審査基準がある地方銀行カードローン

閉じる
閉じる