カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

同時審査に注意!カードローン信用情報機関の履歴に残る恐れが

カードローンの申し込みをしたい!でも審査に落ちてしまったら…と不安になる方も多いかと思います。その不安を払拭するために、同時に何社ものカードローンに申し込みをしてしまってはいませんか?

実はこうして短期間で同時に複数社のカードローンの申し込みをすると、信用情報機関の履歴に情報が残ってしまう恐れがあるので、申し込みをする前に十分に注意しておきたいところです。

特に1ヶ月に3社以上の同時審査を受けるなどの問題行動は、カードローン審査落ちの大きな原因になります。カードローンを利用したいなら、まずは1社に絞って審査を受けるようにしましょう。

落ちた時の滑り止め?カードローン同時審査を受ける危険性

それでは早速、カードローン同時審査を受けることの危険性についてお話ししていきましょう。カードローンは複数社同時に利用することは可能ですが、申し込みを同時に行う、というのは避けてください。

「審査に落ちた時に困るから…」と言って、滑り止めとして複数のカードローンに申し込みをする人がいますが、これは大変危険な行為です。

利用者としての信頼性がガタ落ち!

「どうしてもカードローンでお金を借りたいから!」という気持ちは分かりますが、複数社のカードローンで同時審査を受けると、利用者としての信頼性はかなり低くなってしまうんですね。

特に1ヶ月に3社以上同時審査を受けているような場合、本来はカードローン審査に通過できる状況だとしても、複数社への申し込みが影響して審査落ち…というケースもあります。

では、2社までなら良いのか?というと、そうではありません。複数のカードローンで同時審査を受けたという事実は、信用情報機関にしっかりと残りますので、注意が必要です。

信用情報機関の履歴に残る!申し込みブラックに気をつけて

カードローンの信用情報機関には、みなさんが借入をしたという情報から完済をしたという情報、延滞をしたという情報まで、様々な履歴が残されています。

カードローンの申し込みをしたという情報も、もちろん履歴として残されることになりますので、短期間に申し込みすぎの場合はご注意くださいね。

短期間に申し込みすぎもブラックの原因に

1ヶ月に3社以上ものカードローンを同時に申し込み、審査を受けた場合、短期間に申し込みすぎているということで「申し込みブラック」になってしまう恐れがあります。

カードローンのブラックになる原因は様々ですが、「短期間に申し込みしすぎる」ということもブラックになる理由のひとつなんです。

  • カードローンの同時審査を受けることは控える
  • 滑り止めとして申し込みをすることを考えない
  • 申し込みはま1社のみで勝負する

申し込みブラックにならないためにも、カードローンの同時審査を受けることは控えておきましょう。滑り止めという考え方も危険なのでやめてくださいね。

カードローンの申し込みをするのであれば、まずは厳選して1社のみに絞り、そこで審査通過するための準備をしていきましょう。

ここをチェック!カードローンを1社だけ厳選するには

カードローン利用者の多くは、1社のカードローンでやりくりをしていることがほとんどです。

カードローンは限度額の範囲内で繰り返し利用できるものですし、計画的に利用すれば、1社だけでも活用できるものなんですよ。

申し込みブラックになったり、カードローンの審査に落ちたり…といったトラブルを避けるためにも、申し込みをするカードローンを1社だけ厳選する方法をチェックしておきましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
銀行、消費者金融、信販系…審査難易度を比較したカードローン選び

カードローンは「使いやすさ」で選ぶ!

カードローンの申し込みをする前に、まずは次のポイントに注意して、自分に合ったサービスを1つだけ選んでみましょう。

  • お金の借りやすさ、返しやすさ
  • 金利や手数料
  • 利用者へのサポート面

カードローンを「審査の通りやすさ」で選ぶ人は多いですが、本当に大事なのは、カードローンで借入・返済をする時の「使いやすさ」です。

自分にとってお金を借りやすいか、もしくは返しやすいか、といったポイントはもちろん、金利や手数料などの金銭面や業者から利用者へのサポート面などもチェックしておくと良いですね。

数撃ちゃ当たるはNG!カードローンはお互いの信頼性が大切

カードローンは信頼性が重視されているサービスです。カードローンの同時審査を受けることで数撃ちゃ当たる作戦を決行するのではなく、最初から1社に絞って申し込み、審査を受けるようにしましょう。

利用者としての信頼性が低い行動をしてしまった場合、カードローン審査に落ちても仕方がありません。カードローン利用には、業者側とみなさんお互いの信頼性が大切だということをよく覚えておきましょう。

【参考記事】
審査なし?審査が緩い?カードローン審査におけるウソ・ホント

閉じる
閉じる