カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

カードローン審査に落ちる?クレヒスがホワイトの場合は要注意

カードローン審査に落ちる理由は様々ですが、「クレヒス」が審査に影響するケースも少なくありません。ここではクレヒスがホワイトの場合、またはスーパーホワイトの場合のカードローン審査について見ていきましょう。

クレヒスとは、信用情報機関における「クレジットヒストリー」の略称です。クレジットカードやローンなどの利用歴のことを指していますが、利用歴が真っ白の状態のことがホワイトやスーパーホワイトと呼ばれています。

どちらもクレヒスは真っ白ということですが、ホワイトとスーパーホワイトでは状況に違いがあります。ホワイトとスーパーホワイトの状態はどうカードローン審査に影響するのか、お話ししていきましょう。

クレヒスがホワイト…カードローン審査に落ちる恐れも

まずはクレヒスの「ホワイト」と「スーパーホワイト」の違いについてご紹介していきましょう。どちらもローンの利用歴が真っ白の状態ですが、「なぜ利用歴がないのか?」その理由が異なっています。

カードローン審査に落ちる恐れが高いのは、どちらかというとクレヒスがホワイトの場合になります。

だからと言ってスーパーホワイトなら大丈夫!というわけではないので、ご注意くださいね。

ブラックからホワイトになるケース

クレヒスのホワイトとスーパーホワイトの違いを簡単に説明すると、次のような特徴にまとめられます。

  • ホワイト→事故情報が利用歴から消えた後の状態
  • スーパーホワイト→一度もローンを利用したことがない状態

以前カードローンを利用していた時、何らかの金融トラブルによって事故情報がクレヒスに残されることになります。いわゆる「ブラック」の状態ですね。

ブラック情報は一定期間後、クレヒスから消してもらうことができます。この「ブラックのクレヒスが消えた状態」が「ホワイト」です。

クレヒスが真っ白とはいえ、以前ブラックだったことがあるという状況なので、カードローン審査には気をつけておきたいですね。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
現在、任意整理中…債務整理中のカードローン審査は控えるように

スーパーホワイトって?クレヒスによって分かる信頼性

では、スーパーホワイトの場合はどうでしょうか?ホワイトは以前あったクレヒスが消えた状態のことを指していましたが、スーパーホワイトの場合は違います。

今までクレジットカードやローンなど、金融サービスを一度も利用したことがないケースを「スーパーホワイト」と呼んでいます。

信用情報機関に借入や返済、延滞などブラックの情報が一切残っていないことから、スーパーホワイトと言われている、というわけですね。

正しいローンの使い方もクレヒスに記録!

利用歴がないなら、カードローン審査にも問題ないのでは?と思うかもしれませんが、クレヒスにはブラックなどのトラブル情報だけが残っているわけではありません。

きちんと返済日までに借りたお金を返す、という正しいローンの使い方を繰り返しているということも残るので、クレヒスによって利用者としての信頼性が分かることもあるのです。

スーパーホワイトの場合は「この人は正しくローンを利用できる人!」という情報も一切ないため、審査の判断が難しいことも考えられます。

クレヒスは、カードローンを正しく計画的に利用できる人かどうかをチェックするためのものでもあるので、スーパーホワイトの場合もご注意くださいね。

今やるべきことはこれ!信頼性のあるクレヒスを作って

クレヒスがホワイトやスーパーホワイトの場合は、カードローン審査において信頼を得ることが難しくなります。

そこでこれからカードローン審査を受けるみなさんにおすすめしたいのが、まず信頼性のあるクレヒスを作っておくということです。

ローン利用を上手に経験すると◎

たとえば、定期的にクレジットカードを利用して、毎月支払いをきっちりこなす!など、クレヒスに信頼性が高い情報を残すことがおすすめですよ。

クレジットカードを含め何らかのローンを利用した経験があり、返済や支払いに関しても問題がない、ということが分かれば、カードローン審査にも通過しやすくなります。

ローンを利用したことがないよりも、上手に利用した経験がある方が、カードローン審査に対して大きな強みとなるでしょう。

クレヒスも判断材料!カードローン審査でチェックされること

クレヒスと聞くと、事故情報ばかりが残っていると思いがちですが、みなさんが正しくローンを利用しているかどうかもクレヒスを見れば分かってしまいます。

カードローン審査においては、みなさんの仕事や収入状況などを考慮して審査結果が決まりますが、クレヒスも判断材料となっていることを忘れないようにしましょう。

【参考記事】
カードローンの審査に落ちる大きな原因に!「ブラック」とは

閉じる
閉じる