カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

カードローン利用が審査に影響するってホント?賃貸契約をする場合

マンションやアパートに引越しをする際に行うのが「賃貸契約」です。購入するのではなく、賃貸として部屋を借りる場合は必ず契約が必要となりますが、そこで重要となるのが賃貸契約における審査です。

賃貸契約をするにも審査があり、その審査をクリアしないと、部屋を借りることができないんですね。大きな問題がなければ審査に通過することは可能ですが、場合によっては審査に落ちてしまうこともあります。

その原因として「カードローン」の利用が影響しているとも考えられていますが、それは本当なのでしょうか?ここでは賃貸契約審査におけるカードローン利用の影響について見ていくことにしましょう。

契約者の信頼性を重視!賃貸契約審査のチェックポイント

まずは賃貸契約審査でどのようなことがチェックされるのか、いくつかポイントを挙げていきたいと思います。

賃貸契約審査では、みなさんが「賃貸契約をしても良い状況かどうか」を確認するために、様々なポイントがチェックされます。審査をすることで、部屋を貸しても良い相手かどうかを見極めるわけですね。

人柄や対応も見られてるの?

一般的な賃貸契約では、次のようなチェックポイントが審査されることになっています。

  • 契約者の仕事や収入
  • どのような人物が保証人になるか
  • 契約者の人柄や対応など

賃貸契約では家賃を支払う必要がありますので、仕事や収入といった基本的な生活ができる状況が整っているかどうかが確認されます。

またアパートやマンションの賃貸契約時には保証人も必要となりますが、その保証人がどのような人物か、信頼はできるのか、などのポイントも併せてチェックされるのでご注意ください。

そして契約者となるみなさん自身の人柄、対応やコミュニケーションの面で問題はないか、という部分もしっかり見られています。

賃貸契約審査において特に重視されているのが「信頼性」です。信頼できる契約者と判断されれば、審査に通過できる可能性は高いでしょう。

カードローン利用中でも大丈夫?賃貸契約審査への影響は

こうした賃貸契約審査において、「カードローンを利用していることが原因で審査に落ちた…」というケースもあると言われていますが、厳密にはカードローン利用が影響していることはありません。

カードローンを利用している人はアパートやマンションの賃貸契約ができない!ということはありませんので、ご安心くださいね。

不動産屋業者や大家さん、その他賃貸契約時に関わる業者は、みなさんがカードローンを利用していることを調べるわけではないので、カードローンで借入をしていても大丈夫です。

カードローン以外の原因を探してみて

もしカードローン利用中に賃貸契約審査に落ちたとすれば、カードローン利用とは無関係のところで審査に悪影響を及ぼしていることが考えられます。

何らかの理由によって、安心して部屋を貸すことができないと判断されてしまうと、カードローンを利用している・していないにかかわらず、賃貸契約をすることが不可能となります。

  • 自分自身が良い対応をできていたか
  • 保証人に問題はないか
  • 仕事・収入面に問題はないか

以上のポイントをよく確認した上で、賃貸契約審査を受けるようにしましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
無職・無収入は利用対象外!カードローンの審査を受けるためには
x000D_

賃貸契約をしたい!状況を良い方向へ見直してみることが◎

では、賃貸契約審査をクリアする可能性を高めるためには、どのようなポイントに注意しておけば良いのでしょうか?

確実に賃貸契約審査に通過したいなら、契約者としての信頼性を磨いておく必要があります。まずは今の状況をよく見直してみましょう。

悪い印象を持たれないように注意

不動産業者や大家さんの身になって考えてみると、やはり信頼ができない人に部屋を貸すことはどうしてもためらってしまいますよね。

  • 近隣住民とトラブルを起こしそう…
  • 家賃をちゃんと払ってくれないかも…
  • 契約者本人や保証人が信用し難い…

一度このような印象を持たれてしまうと、スムーズに進むはずの賃貸契約も審査落ち…という結果になりかねません。

人として正しい対応をすること、家賃を支払うための収入状況を整えておくこと、信頼できる保証人を選ぶことなどに注意しておくと良いですね。

滞納や延滞は厳禁!家賃もカードローン返済もしっかり支払いを

以上でお話ししてきたように、カードローンを利用中のみなさんでも、アパートやマンションなどの賃貸契約をすることは可能です。賃貸契約審査に落ちてしまった場合は、他の原因を探ってみましょう。

賃貸契約自体はカードローンで借金をしていても大丈夫ですが、契約した以上、家賃は毎月欠かさず支払わなければなりませんし、返済金額も計画的に支払っていかなければなりません。

家賃を滞納したり、カードローン返済を延滞したりしないようご注意くださいね。

閉じる
閉じる