カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

短いよりも長い方が◎カードローン審査で重視される「勤続年数」

「カードローンでお金を借りたい!」という場合、まずは審査を受ける必要があります。審査でチェックされるポイントとしては、主に仕事や収入、借金に関することですが、ここでは「勤続年数」について見ていくことにしましょう。

勤続年数とは、職場に勤務している年数のことを指しています。一般的に、勤続年数が短いよりも長い方がカードローン審査には有利と考えられています。それはなぜでしょうか?

カードローン審査で重視される勤続年数に何らかの問題が見られる場合、審査落ちという結果にもなりかねません。既に審査に落ちてしまった場合は、勤続年数もしっかり見直しておくと良いでしょう。

今の仕事は長く継続できてる?自分の「勤続年数」をチェック

まずは「なぜカードローン審査では勤続年数が重視されるのか?」といったポイントから見ていきましょう。

カードローン審査では、安定した仕事に就いていること、安定した収入があることはもちろん重要ですが、「どのくらい仕事を継続できているのか?」という条件も審査されます。

安定しているだけではなく、継続性もチェックされるというわけですね。

利用者としての信頼性に繋がる勤続年数

勤続年数が短い場合、継続して仕事に就くことができていない、と判断されてしまいます。

収入面に問題がないとしても、同じ仕事を長く続けることができていない状況は、カードローン審査においてはデメリットが大きくなってしまうのです。

反対に、同じ職場で長く仕事を続けている勤続年数が長い方の場合は、利用者としての信頼性が高くなります。信頼性が高いということは、それだけ審査に通過する可能性も高いということです。

カードローンでお金を借りたい時は、審査を受ける前に自分の勤続年数にもしっかり目を向けてみてくださいね。

日雇いや水商売…不安定な職業はカードローン審査に注意して

では、具体的にどのような例がカードローン審査に影響しやすいのでしょうか?勤続年数が長く、今後も継続して仕事に就くことができるなら問題ありませんが、職業によっては継続が難しい場合もありますよね。

たとえば、日雇い労働者の方や水商売の方など、仕事面も収入面も不安定になりやすいような場合、勤続年数が短いケースも多いものです。

勤続年数は少しでも長く!

仕事の状況も不安定、収入も不安定、勤続年数も短い…となると、カードローン審査に通過するのはかなり難しい状況と言えます。

すぐに仕事を変えるということは難しいかもしれませんが、カードローン審査を受ける際には次のようなポイントに注意しておきましょう。

  • 勤続年数を少しでも長くする
  • 収入を安定させる
  • 他社の借金があれば確実に完済する

不安定な職業に就いていることをカバーするという意味でも、勤続年数や収入、借金状況に問題がないようにしてくださいね。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
他ローンを延滞してない?カードローンの審査前にしっかり完済を

最近仕事を始めたばかり!カードローン審査は落ち着いてから

その他、職業自体は不安定ではなくても「最近新しく仕事を始めたばかり!」という方もいらっしゃいますよね。

仕事を始めたばかりの方も、今はまだ勤続年数が十分ではない状況です。まずは状況が落ち着いてからカードローン審査について考えていきましょう。

申し込みのベストタイミングはいつ?

例として新入社員のケースを挙げてみましょう。

正社員として入社したとしても、仕事を始めたばかりで今後の収入面の予測がつかない…という場合は、今はまだカードローン審査を受けるタイミングではないかもしれませんね。

カードローン審査に通過するなら、仕事も収入も勤続年数も安定してきた段階で申し込みをすることがベストです。

焦らず自分のペースでカードローン利用について考えてみてくださいね。

勤続年数が短いかも…今はまだ審査を受けることは避けて

仕事や収入面の安定性は重視しても、意外と見落としがちなのが「勤続年数」です。こちらでお話ししてきたように、カードローンを利用する前には勤続年数についてよくチェックしておきましょう。

もし勤続年数が十分ではないと判断される場合、今はまだカードローン審査を受けることを避けておいた方が無難でしょう。自信を持って審査を受けられる状況になってから、申し込みをしてくださいね。

【参考記事】
すぐに審査を受けても通過できるの?転職後のカードローン利用

閉じる
閉じる