カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

申し込み時の嘘はバレる!カードローンの審査には誠実な対応を

いざという時に便利なのが「カードローン」の魅力です。まずは申し込みをして審査を受けるところから始まりますが、申し込み時や審査時には、いくつか注意しておきたいポイントがあります。

ここでは「カードローン申し込み時の嘘」に対する注意点についてお話ししていきましょう。カードローンの申し込みでは、様々な個人情報を聞かれることになりますが、虚偽の情報で申し込みをするならの問題行動を起こす人もいます。

カードローンの申し込み時に嘘をつけば、いずれバレることになりますし、最悪の場合「申し込みブラック」として処理されることもあります。十分に気をつけておきましょうね。

個人情報を聞かれるの?カードローンの申し込みと審査

まずはカードローンの申し込みと審査の流れについて簡単に見ていきましょう。

カードローンの申し込み時には、個人情報の記載が欠かせません。どのようなことを記載するのか、あらかじめ確認しておきましょう。

そして申し込み後には審査を受けることになります。カードローン審査では、主に「利用者としての信頼性」がチェックされます。信頼性が見られない場合は、審査落ちしてしまうので要注意です。

信頼性をチェックするための個人情報

カードローンの申し込み時には、次のような個人情報を聞かれます。ひとつひとつ正確に答えていきましょう。

  • 氏名、年齢、結婚の有無
  • 雇用形態、勤続年数
  • 年収、借金の有無、借金の総額
  • 住居形態、居住年数

カードローン審査で特に重視されるのは、みなさんの年収や借金の状況、雇用形態、勤続年数などです。

審査において「カードローン利用者として信頼性が見られない」と判断されてしまうと、審査に通過することはできません。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
短いよりも長い方が◎カードローン審査で重視される「勤続年数」

注意!カードローン申し込み時には絶対に嘘をつかないで

申し込み時の個人情報が原因でカードローン審査に落ちてしまう理由としては、総合的に見て「返済能力がない」と判断されるケースがほとんどです。

しかし、わざと返済能力がある状態に見せるために「虚偽の情報でカードローンの申し込みをする」という悪質な行動を取る人も少なくありません。

カードローンの申し込みをするなら、絶対に嘘をつくようなことのないようにしてくださいね。

嘘をつくことは信頼性を失う行為

もし嘘をついてカードローンの申し込みをしたとしても、いずれ嘘はバレてしまいます。バレてしまえば、ますます利用者としての信頼性を失うばかりですよね。

  • 年収や勤続年数をごまかす
  • 借金があるのにないことにする
  • 実際に勤めていない職場の情報を記載する

このような問題のある行動を取ることで、申し込みをすることができたとしても、後に大きなトラブルとしてみなさん自身に返ってくることになりますので、嘘をつくことは絶対にやめてください。

カードローンでお金を借りたいなら、申し込み時には必ず正確な情報を記載し、審査には誠実に対応することを心がけてくださいね。

「申し込みブラック」になる恐れも…問題行動をしないように

では、もしカードローン申し込み時に問題行動をした場合、結果的にどのようなトラブルが起こりやすいのでしょうか。

文まず注意してほしいのが「申し込みブラック」です。申し込みブラックは、金融ブラックの一種となっています。

何度も申し込みを繰り返すなどの問題行動も申し込みブラックの原因になりますが、申し込み時に嘘をつくという行為も同様に申し込みブラックになる恐れがあります。

カードローンを使えなくなる!

申し込みブラックになると、申し込みをすることもできなければ審査を受けることもできなくなりますので、結果的にカードローンの利用不可となってしまいます。

実際にカードローンを利用した経験がなくても、申し込み時に問題があったことで金融ブラックになるケースもあるのです。

これから初めてカードローンの申し込みをするみなさんは、申し込みブラックになるようなことがないよう、十分ご注意くださいね。

誠実さが大切!仕事や収入、借金の状況も同時に見直してみて

カードローンの申し込み時に嘘をつくことが、どれほど悪影響を及ぼすことか理解できたでしょうか。カードローンを利用するなら、第一に「誠実さ」を重視してくださいね。

カードローン業者に対して誠実な対応を心がけることで、利用者として良い印象を与えることもできます。と同時に、仕事や収入、借金状況などにも問題がないよう、自分自身の状況も見直してみると良いでしょう。

閉じる
閉じる