カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

信用を失う…スマホや携帯料金未払いもカードローン審査に影響が

カードローン審査において重視しておきたいのが、利用者としての「信用」です。もし信用を失ってしまった場合、カードローン審査に通過することは難しくなるので注意が必要です。

カードローン利用者としての信用を失う理由は様々ですが、みなさんが普段の生活の中でふと不注意を起こしてしまったことが原因になるケースもあります。ここでは例として「スマホや携帯料金の未払い」について見ていきましょう。

「今月のスマホの料金を支払い忘れていた!」という経験がある方も多いかもしれませんが、こうしたちょっとした不注意もカードローン審査に影響しやすいので十分気をつけておきましょうね。

安定収入は基本!カードローン審査で重視される「返済能力」

カードローンの審査では、みなさんの「返済能力」がチェックされます。

返済能力とは、カードローンで借りたお金をしっかり完済することができるかどうか?を示すものです。

審査によって返済能力が高いと判断されれば、カードローン審査に通過する可能性は高いです。しかし、返済能力が低い場合、カードローン審査に落ちてしまう恐れが高くなるのでご注意くださいね。

借金の延滞は審査落ちに…

では、カードローンの返済能力はどのように審査されるのでしょうか?審査を受ける前に次のようなポイントに注目してみましょう。

  • 安定した仕事に就いているか?
  • 収入は安定・継続してあるか?
  • 借金返済や各種支払いは滞っていないか?

仕事や収入の安定性は、カードローン審査で特に重視されるポイントです。

正社員ではなく、バイトやパートの方もカードローン審査を受けることはできますが、収入面が不安定な場合は審査に落ちる恐れが高まります。

現在、借金を抱えている方も、計画的に返済ができていない場合や高額の借金をしている場合は審査落ちという結果になるので、あらかじめ気をつけておきましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
カードローン審査に落ちやすい?他社借り入れがある場合の注意点

未払いNG!スマホや携帯電話の料金支払いも滞らないように

その他、特に借金をしているわけではなくても、各種料金の支払いが滞っているような場合もカードローンの返済能力に大きく影響してきます。

例として挙げられるのが、水道代や電気代、ガス代などの公共料金、スマホや携帯電話の料金、税金の支払いなどです。

現在こうした料金の支払いを延滞しているようなら、カードローン審査で利用者としての信用を失う恐れが高いと考えておいてください。

料金滞納は審査を受ける前に支払いを

公共料金はもちろん、現代のわたしたちの生活にはスマホや携帯電話も欠かせないものとなっていますよね。

けれども、金銭面で生活が苦しくなってくると、毎月の支払いも滞りやすくなってしまいます。カードローンの審査では、借金以外の延滞情報もチェックされるということを覚えておきましょう。

「借金がないのにどうして審査落ち?」と疑問に思ったら、普段の生活面で各種支払いに滞りがなかったかよく見直してみてください。

「今まさに携帯料金を滞納中…」という方は、カードローン審査を受ける前に未払いの携帯料金を支払うことを先に考えましょうね。

クレジットカードは大丈夫?お金に関するトラブルはクリアに

以上のように、借金だけではなく、公共料金やスマホや携帯電話の料金が未払いの状態だと、カードローン審査の対象外となってしまいます。お金に関するトラブルはクリアにしておきましょう。

また、クレジットカードなどを利用されている方は、カードの支払い滞納にもご注意ください。ショッピング枠、キャッシング枠、どちらも滞りなく支払いができていることが条件です。

カードローンも返済することがルール

クレジットカードの利用者は数多くいますが、利用者によっては「カードの支払いができなくなった…」というケースも少なくありません。これでは信頼性を保つことができませんよね。

カードローンを利用する場合も同じで、実際にカードローンでお金を借りたら、返済をすることがルールとなっています。

カードローン審査でチェックされる信頼性は、そのままカードローン利用時の信頼性に繋がります。各種支払いを計画的にこなしていることが、カードローン利用者には求められいる、というわけですね。

信用情報の事故記録にも残る?ブラックにならないように注意

いかがでしたか?もし現在スマホや携帯電話の料金が未払いの状態である場合、カードローン審査に通過することは難しくなりますので、まずはしっかり支払いを終えておきましょう。

スマホや携帯電話の料金を滞納すると、事故記録として信用情報機関に情報が残ることになります。

これはいわゆる「ブラック」と呼ばれるものですが、もちろんカードローンの返済を滞納した場合も事故記録として残されてしまいます。計画的な利用を心がけてくださいね。

【参考記事】
カードローンの審査に落ちる大きな原因に!「ブラック」とは

閉じる
閉じる