カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

審査日数はどれくらい?「オリックス銀行カードローン」の申し込み

カードローンの申し込みをする時に「審査日数が気になる!」という方も多いかと思います。ここでは「オリックス銀行」のカードローンの審査日数についてご紹介していくことにしましょう。

オリックス銀行のカードローンに申し込みをする前に、みなさんにチェックしてほしいポイントが様々あります。審査日数だけではなく、申し込み条件や貸付条件にも目を向けておきましょうね。

オリックス銀行では、審査次第で高額も借りられる可能性があります。もちろん借入には利息がかかりますので、カードローン審査を受ける前には、金利についてもしっかり確認しておいてくださいね。

最短で即日!オリックス銀行カードローンの審査日数

まずはカードローン契約までの簡単な流れから見ていきましょう。

カードローンの申し込みをしたら、審査を受けることになりますが、オリックス銀行カードローンの審査日数は最短で即日となっています。

申し込みをしたその日に審査結果が分かるので、お急ぎの方でも安心ですよね。ただし、場合によっては審査日数が長引くケースもあります。あらかじめ注意しておきましょう。

場合によっては審査に落ちてしまうケースも

審査結果が出たら、審査通過の場合はカードローン契約の手続きへと進みます。無事契約が完了したら、カードローンでお金を借りられるようになりますよ。

万が一、カードローン審査に落ちてしまった場合は、現時点では契約不可となります。

カードローン審査に通過するためには、まず申し込み条件をしっかりクリアしなければなりません。オリックス銀行カードローンの申し込み条件を必ずチェックしてから手続きをしましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
審査に落ちた…カードローンの再審査を受けるタイミングは

誰でもお金を借りられるの?カードローンの申し込み条件

では、ここからはオリックス銀行カードローンの申し込み条件についてご紹介していきたいと思います。どのような条件を満たしていれば申し込みができるのか、よく確認しておいてくださいね。

カードローンの申し込み条件は、銀行や消費者金融など、それぞれのサービスによって異なるポイントも多々あります。

必ずオリックス銀行カードローンの条件をチェックしておきましょう。

安定収入は絶対条件!

オリックス銀行カードローンでは、以下の条件を満たすことで申し込みが可能となっています。

  • 毎月安定した収入があること
  • 年齢が満20歳以上69歳未満(申し込み時)
  • 日本国内に住んでいること

仕事と収入が安定していることがカードローン利用の絶対条件です。特に収入が不安定な場合は、審査通過が難しくなりますので気をつけておきましょう。

年齢制限については、カードローンごとに異なるケースがありますが、オリックス銀行の場合は満20歳以上69歳未満と覚えておきましょう。

ちなみに外国籍の方でもオリックス銀行カードローンを利用することはできますが、永住者か特別永住者の方限定となっています。外国籍の方はご注意くださいね。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
外国人でも借入はできる?カードローン審査前に準備するべきもの

最高800万円まで!カードローン金利もしっかりチェック

最後にオリックス銀行の貸付条件についてもご紹介しておきたいと思います。先ほどは申し込み条件について見てきましたが、カードローン自体のサービス内容についても把握しておきたいですね。

オリックス銀行カードローンでは、審査次第では最高800万円まで借入ができるなど、高額融資を受けることも可能です。

もちろん金利もしっかりチェックした上で借入をしていきましょうね。

カードローンの限度額は何で決まる?

オリックス銀行カードローンの貸付条件は以下のとおりです。こちらの表をご覧ください。

利用限度額 金利 担保・保証人
最高800万円 年1.7%~年17.8% 不要

最高800万円という高額の借入も可能なカードローンですが、審査次第というポイントは忘れないでくださいね。みなさんの収入状況などが考慮されて、限度額は決まっていきます。

金利については限度額によって変化するため、必ず低金利で借入できるとは限りません。限度額が高額になるほど低金利、という特徴も覚えておきましょう。

早くカードローンを作りたい!急ぎの場合も計画的な借入を

オリックス銀行カードローンの審査日数、申し込み条件、貸付条件について見てきました。タイミング次第で即日審査も可能なカードローンなので、「できるだけ早くカードローンを作りたい!」という方にぴったりですよ。

ただし、どんなに急いでいたとしても、カードローンを利用してお金を借りる以上、返済計画をしっかり立てておくようにしましょう。いつも計画的な借入を心がけてくださいね。

【参考記事】
審査なし?審査が緩い?カードローン審査におけるウソ・ホント

閉じる
閉じる