カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

カードローン審査に落ちやすい?他社借り入れがある場合の注意点

カードローン審査は必ず受けるべきものですが、人によっては審査に落ちやすい状況になってしまっているので注意しておきましょう。ここでは現在他社借入がある人に向けての注意点についてお話ししていきたいと思います。

「他社借入をしている」ということは、つまり「借金がある」ということです。借金がある状態でカードローン審査に通過することは大変難しいことなので、まずは借金を片付けることから始めていきましょう。

他社借入があるなら、まずは返済をすることを考えてください。お金を借りるよりも返すことを優先させることで、安全なローン利用ができますよ。無理なく完済を目指してくださいね。

他社で借入をしていると不利?審査される借金の有無

まずはカードローン審査でチェックされるポイントについて理解しておきましょう。カードローン審査では、みなさんの仕事や収入といったことから、借金の有無についてもチェックされます。

現在他社借入をしておらず、借金が一切ない場合は、カードローン審査において問題はありません。けれども、借金がある場合は問題視されますので、十分に気をつけておきたいですね。

希望額を借入できないケースも

運良くカードローン審査に通過できたとしても、借金があることで「返済能力が低い」と判断されやすいですから、希望額を借入できるとは限りません。

収入が高く、仕事も安定していたとしても、借金があることで計画的な返済ができなくなる恐れがありますよね。

その結果、返済能力は低くなり、希望額を借入することができないケースもあるというわけです。

借金の有無はカードローン審査に大きな影響を与えるものですので、審査に不利な面があるということをあらかじめご理解ください。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
何枚持ってる?クレジットカードの多数所持も審査落ちの原因に

カードローン審査に落ちる恐れも…借金問題以外にも注意を

以上のように、借金以外に問題がない場合は、希望額ではないにしてもカードローンの契約ができる可能性はまだあります。

しかし、借金問題に次いで仕事や収入にも問題があるとなると、カードローン審査に落ちる恐れの方が高いでしょう。

審査ではすべての問題点がチェックされますので、借金だけではなく、他の審査条件にもしっかり注目しておきましょう。

細かい審査ポイントにも注目!

借金がある、収入も安定していない、仕事も今後続くか分からない…というような場合、問題点がたくさんあるため、審査に落ちる恐れが非常に高いです。

他社借入は確かに審査に悪影響ですが、仕事や収入の不安定さも併せて注意しておかなければなりません。

さらに細かいポイントとしては、勤続年数や住居形態、固定電話の有無なども挙げられます。他社借入に注意を向けることはもちろん、他の面にも問題がないか見直しておきましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
短いよりも長い方が◎カードローン審査で重視される「勤続年数」

他社借入があるならまずは返済!無理なく完済を目指して

カードローン審査に通過したいなら、以上で見てきたような問題点をクリアにしておくことが大切です。

他社借入があるみなさんは、まずは今ある借金を無理なく完済することを目指していくと良いでしょう。

カードローン利用においては、お金を借りることよりも返済をすることの方を重視しなくてはなりません。必ず他社借入を完済してから、次のカードローン利用について考えてくださいね。

借金の返済は焦らず計画的に

しかし、新規でカードローンを利用したいからと言って、焦って完済を目指すことはかえって危険です。

借金の返済は計画性が大切です。みなさんの収入を前提に、生活面にも無理がかからないように借金を完済させていきましょう。

完済するまでの返済計画については、利用中のローン業者とよく相談することをおすすめします。

他社借入完済後はタイミングを見て申し込みをすることが◎

現在、カードローンにしても他のローンにしても何らかの他社借入がある場合、新規でカードローン審査を受けても通過できないケースが多く見られます。まずは他社借入を完済することを目標にしていきましょう。

また、新規カードローン契約については、完済後すぐに申し込みをするのではなく、タイミングを見て申し込みをすることもポイントです。この場合も焦らずにタイミングを待つことが大切ですよ。

閉じる
閉じる