カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

アルバイトでも大丈夫?まずはカードローン審査を受けるための準備を

近年、様々な職業の方がカードローンを利用できるようになってきましたが、未だに「正社員しか借入できない」と誤解している方もいます。今は消費者金融でも銀行でも、正社員以外の方の借入も認められているので、ご安心くださいね。

もちろん、カードローンはアルバイトとして働いている方も利用対象となっています。ここではアルバイトの方がカードローン審査を受ける際の注意点についてご紹介していきたいと思います。

アルバイトの方の場合、仕事面や収入面が不安定になりやすい恐れもありますので、状況によってはカードローン審査に落ちてしまうことも考えられます。まずは審査を受ける準備から始めていきましょう。

良い状況を安定・継続させる!カードローン審査通過のカギ

カードローン審査に通過するには、仕事と収入、両方の面が整っている必要があります。

たとえ毎日仕事をしていても、収入が不安定ならカードローンの審査対象にはなりません。アルバイトの方は要注意です。

カードローン審査を受けるための準備として、まずは仕事と収入の状況をしっかり見直していきましょう。

同じ職場で仕事を長く続けていると◎

アルバイトの方は、カードローン審査を受ける前に次のようなポイントをチェックしておいてください。

  • 仕事は安定していて勤続年数も十分ある?
  • 年収はいくら?
  • 毎月の収入状況は安定・継続してある?
  • 仕事は今後も変わらず継続していけそう?

カードローン業者は、仕事や収入の状況を判断するために、みなさんの年収や勤続年数などを審査します。アルバイトとして同じ職場で仕事を長く続けていることはポイントが高いですね。

基本的に勤続年数が長く、仕事も収入も安定していて、今後も変わらず良い状況を継続していける方なら、カードローンの審査に通過できる可能性は高いと見て良いでしょう。

アルバイトの場合、仕事を転々としていたり、すぐに仕事をやめてしまったり…といった問題も多いため、仕事と収入の継続性にも注意してくださいね。

未成年の学生・フリーターは注意!カードローンの年齢制限

仕事や収入の他、カードローンではみなさんの年齢がチェックされることも忘れてはなりません。

既に成人している方なら、一般的なカードローンの利用対象になっていますが、未成年の方はカードローンを利用することはできません。

現在、フリーターをしている未成年の方、成人していない学生アルバイトの方などは年齢制限にも注意しておきましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
カードローンの審査前に!年齢制限や収入の条件をチェック

学生キャッシングなら未成年もOK?

カードローンの年齢制限は「満20歳以上から」が基本となっています。仕事と収入が安定・継続していることと共に、成人していることが基本の審査条件と覚えておきましょう。

ただし、学生の場合は「学生キャッシング」などを利用することで、未成年の方でもカードローンの契約ができるケースもあります。

学生キャッシングということで、未成年や成人に関わらず、安定収入のある学生なら利用対象となります。フリーターの方は利用対象ではないので、成人するまで借入はNGです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
学生でもカードローンでお金を借りたい!まずはバイトで安定収入を

アルバイトは無理?年収制限のあるカードローンの申し込み

以上でお話ししてきたように、カードローンの基本的な審査条件を満たしていれば、アルバイトの方でも契約をすることができるようになっています。ただし、これはアルバイト可となっているカードローンの場合です。

近年、アルバイトでも利用可能なカードローンは増えてきていますが、中にはアルバイト不可としている業者もあるので、ご注意ください。

年収制限に引っかかって審査落ちも

たとえば「年収制限があるカードローン」などは、高額の年収があることを条件としていることが多いので、アルバイトの年収では申し込み条件に満たないことが考えられます。

アルバイトという職業自体は審査対象になっていても、年収制限で審査落ち…というケースも少なくありません。

そのような場合は無理せず、高額の年収制限などがないカードローンを選びましょう。アルバイトの今の収入で申し込み可能なカードローンの審査を受けてみてくださいね。

お金は借り過ぎないで!アルバイトの収入でしっかりやりくりを

その他、アルバイトの方がカードローンを利用する際の注意点としては、「お金の借り過ぎ」が挙げられます。カードローンで必要以上に借入をするなど、誤った使い方はしないよう気をつけておきましょう。

カードローンでお金を借りたら、必ず返済をしなければなりません。返済に充てるお金は、アルバイトの収入の範囲内でしっかりやりくりしてくださいね。計画性的な借入・返済を心がけましょう。

閉じる
閉じる