カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

完済後のカードローンはすぐに解約を!早めの手続きがおすすめ

「カードローンで借りていたお金をやっと完済できた!」とても爽快な気分ですよね。無事に完済できたからこれで安心…というわけではありません。完済後、もうカードローンを使わないなら、早めに解約してしまいましょう。

カードローンは繰り返し利用できるサービスなので、また使う予定があるなら、もちろん解約しなくても構いません。けれども、今後カードローンを使う予定がないなら、解約手続きをおすすめします。

完済したカードローンを解約しておくことで、今後もし新規でカードローンを契約することになった場合でも、審査通過の可能性を高めることができます。完済後は即解約を心がけてくださいね。

そのまま放置はダメ?カードローン完済後には解約手続きを

まずは「どうしてカードローンを完済したら解約手続きを行わなければならないのか?」といったポイントから見ていきましょう。そこにはカードローンの契約形態が大きく関わっています。

実はカードローンで借りたお金を完済したら、それで契約終了!というわけではないんですね。

カードローンは繰り返し利用できるからこそ、契約を終えるには解約手続きが必要となっているのです。

契約をきちんを終えることが大切

カードローンは決められた「限度額」の範囲内で、みなさんが自由に借入できるサービスとなっています。限度額に余裕があれば、いつでも借入OKというメリットがありますよね。

カードローンを完済した場合、限度額が借入前の状態に戻るだけなので、また借入をしたいのであれば、再度限度額の範囲内でお金を借りることができます。

でも「もうお金を借りることはない」という方も多いですよね。そのような場合にカードローンを解約せずにいると、今後もカードローンを利用している状態が続いてしまうので、注意が必要です。

たとえお金を借りていないとしても、「カードローンを契約している」という状態に変わりはありません。契約自体を終えるには、カードローンの解約手続きを行うしかないというわけです。

手続き方法を教えて!完済したカードローンの解約をするには

ここからは完済したカードローンの解約手続き方法についてお話ししていくことにしましょう。

大手消費者金融や銀行など、ほとんどのカードローン業者では、電話や店頭窓口などでカードローンの解約手続きを受け付けています。

カードローンの申し込みや契約手続きはネットでも可能ですが、解約手続きの場合は直接電話をかけるか、店頭に足を運ぶ必要があります。あらかじめご注意ください。

流れに沿ってカードローンの解約手続きを

カードローン解約手続きの流れは以下のようになっています。

  • 電話や窓口で解約したい旨を伝える
  • 業者の指示に従って解約手続きを
  • 手続きが完了したらカードローンは解約状態に

まずは流れに従って解約手続きを行っていきましょう。

カードローンを契約しているという状況は、住宅ローンや車のローンなど、他のローンを契約する際にも影響しやすくなっていますので、今後借入をしないなら早めの解約がおすすめですよ。

新規で契約する前に!今ある借金はスッキリ片付けておくと◎

その他、新規でカードローンを契約したい場合も、完済したカードローンは解約手続きを行っておいた方が審査に良い影響を与える可能性が高くなります。

「今度借りるなら他のカードローンでお金を借りたい!」という方もいますよね。そのような場合も、完済後のカードローンは解約してしまいましょう。

審査通過の可能性もアップ!

住宅ローンや車のローンだけではなく、カードローンも借金のひとつです。新たに借金をするためには、今ある借金を少しでもクリアな状態にしておくことが大切なんですね。

完済後のカードローンを解約する=借金をスッキリ片付けておくことで、新規でカードローンを利用する際も審査に通過しやすくなります。

もちろん、必ず審査に通過できるというわけではありませんが、カードローンを契約している状況に比べると、審査に通過できる確率は高くなるでしょう。

カードローンの信用情報にも注意!解約後5年は情報が残ることに

カードローンは完済したらそれでOK!と考えている方が多いですが、借金をしたという状況をスッキリさせるには、カードローン自体を解約することが必要となります。

カードローンを契約した状態では、信用情報機関にカードローンの契約情報も残ったままですから、信用情報が気になる方もご注意くださいね。

ちなみに、カードローンを解約してもすぐに信用情報が消えるわけではありません。解約後5年は情報が残ることになりますので、こちらも併せて気をつけておきましょう。

【参考記事】
返済後は自動的に解約される?今後カードローンを使わないケース

閉じる
閉じる