カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

必要書類は健康保険証でOK?カードローン本審査の時間にも注目

カードローンの審査を受ける際には、あらかじめ準備しておくべきものがあります。それが「必要書類」です。カードローンの申し込み手続きで提出する書類は、大きく分けて2種類となっています。

ひとつは「身分証明書」、もうひとつは「収入証明書」です。身分証明書に関しては、みなさんの本人確認ができるものを準備しておけばOKです。しかし、健康保険証のみでは申し込みできないケースもあります。

収入証明書についても、忘れずに準備しておくようにしましょう。必要書類に不備があると本審査の時間が余計にかかってしまう恐れがあるので、早めに契約したい場合は特にご注意くださいね。

必要書類をチェック!健康保険証だけで申し込みできるのか

まずはカードローン審査で必要な「身分証明書」について見ていきましょう。身分証明書と言っても様々ありますが、やはり一番に挙げられるのが「運転免許証」です。

顔写真付きの身分証明書の提示を求められたら、運転免許証を提示すればOKなので、免許証を準備した上で申し込みをしましょう。

その他、パスポートなども身分証明書として認められます。免許を持っていない方はパスポートを準備しておくと良いでしょう。

健康保険証にもうひとつプラス!

しかし、中には「運転免許証もパスポートも持っていない!」という方もいますよね。そのような場合は「健康保険証」を身分証明書として提示しましょう。

ただし、健康保険証だけでカードローンの申し込みができるわけではありません。他に本人確認可能な書類と合わせて提示する必要があります。

  • 健康保険証と住民票
  • 健康保険証と公共料金の支払い時の領収書
  • 健康保険証と印鑑登録証明書

以上のように、健康保険証ともうひとつと身分が証明できる書類をプラスすることで、より信頼を得るかたちで申し込みをすることができます。あらかじめチェックしておきましょう。

返済能力も審査される!「収入証明書」の準備も忘れずに

続いては「収入証明書」について見ていきたいと思います。カードローンの審査では、身分証明書の他、収入証明書の提出も必須とされています。

収入証明書で何を審査するのか?と言うと、みなさんの「返済能力」を収入証明書を通してチェックすることになります。

カードローンでお金を借りた以上、返済できなければルール違反となってしまいますよね。そこで必要とされているのが、収入状況の確認、返済能力の審査、というわけです。

用意するべき収入証明書はこれ!

一般的にカードローン審査の収入証明書として認められているのは、以下のような書類です。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書

会社員の方は源泉徴収票を、個人事業主や自営業者の方は確定申告書を準備しておけばおよそ問題はないでしょう。

「申し込みは身分証明書のみでOK!」としている業者もありますが、収入証明書の提示が求められることもあります。必ず準備しておきましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
収入証明書があった方が有利?カードローン審査の必要書類

必要書類に不備があると長引く?カードローン本審査の時間

最後にカードローン本審査の時間についてお話ししていきたいと思います。カードローンでは「仮審査」と「本審査」が分かれていることがありますが、重要なのはもちろん本審査です。

仮審査に通過しても、本審査で落ちてしまう…というケースも珍しくありません。この場合、カードローンを契約することはNGとなります。

また、本審査を受けて何も問題がなければ、即日~翌営業日には結果が分かりますが、何らかのNGポイントがあった場合は、審査の時間が長引くこともあるので注意が必要ですね。

申し込み前にもう一度よく確認を

たとえば、これまでご紹介してきたカードローン審査時に提出する必要書類ですが、もし不備があったような場合は、本審査の時間が長引く恐れが考えられます。

  • スムーズに審査が進まない
  • 再度必要書類を提出する手間も
  • 結果、本審査自体の時間が長引く

スムーズに審査を進めたいなら、必要書類をはじめ様々な書類に不備がないよう、申し込み前にもう一度よく確認してください。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
何が違うの?詳しく教えて!カードローンの仮審査と本審査

虚偽情報は絶対NG!申し込み時の個人情報は正しく記載を

カードローンでお金を借りるなら、審査を受けなければ何も始まりません。無事に審査に通過するためにも、あらかじめ必要書類を用意し、問題なく審査が進むように備えておきましょう。

また、カードローンの申し込み時には、職業に関することや住居に関することなど、みなさんの個人情報も記載することになります。不備のないようにすることはもちろん、正しい情報を記載することにもご注意くださいね。

【参考記事】
申し込み時の嘘はバレる!カードローンの審査には誠実な対応を

閉じる
閉じる