カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

お試しで身元がバレたりしない?匿名の事前カードローン審査

カードローンの申し込み前におすすめしたいのが、各カードローン業者のホームページなどで受けられる「お試し審査」です。これは「事前審査」や「匿名審査」または「仮審査」とも呼ばれています。

お試しでカードローン審査を受けることができるので、「審査に通るか不安…」と感じている方は、ぜひ事前審査を受けてみてはいかがでしょうか?

そこで気になるのが「身元がバレたりしないの?」という疑問かと思います。お試しで事前審査を受ける際には、どのようなポイントをチェックされるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

カードローン申し込み前に!まずは匿名のお試し審査から

カードローンを利用する際には必ず審査を受ける必要がありますが、初めてカードローンを利用する場合、審査に通過できるか不安を感じることも多いですよね。

そんなみなさんのために、カードローン業者側はホームページで匿名で受けられる「お試し審査」を実施しています。

お試し審査は無料で受けることができますので、実際にカードローン審査を受ける前にチャレンジしてみてくださいね。

お試し審査のチェックポイント

カードローンのお試し審査では、一般的に次のようなポイントがチェックされます。

  • 年齢
  • 現在の年収
  • 他社での借入金額

カードローンには年齢制限があるので、お試し審査でも年齢は欠かさずチェックされます。もし年齢制限に見合わない場合は、その時点で審査落ちとなりますのでご注意くださいね。

その他、みなさんの現在の年収、他社で借金をしているならその金額も正しく入力する必要があります。

匿名での審査となりますので、氏名の記入は不要ですよ。

事前審査を受けると身元がバレる?カードローンの仮審査

カードローンの本審査では、みなさんの氏名や住所、職場の情報なども必要となりますが、事前審査の段階では入力する必要がありません。

あくまでも匿名でのお試し審査ということなので、事前審査を受けたことによってみなさんの身元がバレるという心配もないのです。

身元確認に必要なのは「身分証明書」

カードローン審査における身元確認は、実際に申し込みをした後に行われます。

  • 本人確認書類を提出する
  • 身元の確認をする
  • その他の情報も含め審査結果が出る

カードローンの申し込み時には、運転免許証や健康保険証、パスポートといった身分証明書を準備しておいてください。身元確認に使用されます。

身分証明書による確認が取れない限り、みなさんの身元がカードローン業者にバレるということはありません。ご安心くださいね。

虚偽情報NG!カードローンの事前審査で嘘はつかないように

また、カードローンの事前審査を受ける上で注意しておいてほしいのが、「嘘をついて事前審査を受けること」です。

匿名でのカードローン審査となるため、「嘘をついても分からない!バレない!」と思っている方も多いかもしれませんが、嘘をついたところで正式な結果が出るわけではありません。

匿名審査だからと言って、虚偽情報を利用してお試し審査を受けるようなことがないようにしてくださいね。

自分の情報は正しく伝えて

カードローンのお試し審査を受ける際には、次のポイントにも注意しておきましょう。

  • 自分の年齢に嘘はつかない
  • 実際の年収よりも多い金額を記入しない
  • 借金の状況は正しく伝える

一般的なカードローンは未成年者は利用できません。高齢者の場合も年齢によっては利用対象外となりますが、自分の年齢に嘘はつかないでくださいね。

年収や借金状況に関しても同様です。年収を水増ししたり、借金をないことにしたり…といった問題行動は絶対にやめておきましょう。

仮審査であっても正しい情報で申し込みをすることを心がけてくださいね。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
申し込み時の嘘はバレる!カードローンの審査には誠実な対応を

仮審査には通過できたのに…本審査で落ちてしまうケースも

カードローンのお試し審査、事前審査に関しては、以上でお話ししたポイントを踏まえた上で受けてみると良いでしょう。

ただし、カードローンの仮審査に通過できたとしても、本審査にも絶対に通過できる!とは限りません。

お試し審査はあくまでもお試しです。実際にカードローンを利用できるかどうかが決まるのは本審査での結果が重要です。本審査に通過できるよう、準備を整えておきましょうね。

【参考記事】
何が違うの?詳しく教えて!カードローンの仮審査と本審査

閉じる
閉じる