カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

無職・無収入は利用対象外!カードローンの審査を受けるためには

カードローンを利用するためには、様々な条件をクリアしなければなりません。そこで第一に挙げられるのが「仕事」と「収入」に関する条件です。安定した仕事に就いていること、安定収入があることが絶対条件となっています。

そのため、現在無職の方、無収入の方はカードローンの利用対象外となりますので、あらかじめ注意しておきましょう。仕事をしていない、収入がない、という状況ではカードローンを利用することはできません。

では、無職・無収入の状況でカードローンの審査を受けるためには、まず何から始めれば良いのでしょうか?ここでは無職・無収入の方がカードローンの申し込みをするケースについてお話ししていきたいと思います。

返済能力がない!カードローン審査における「無職」の状態

まずカードローン審査で重視される「仕事」についてですが、全く仕事に就いていない無職の状態でカードローンに申し込みをしても、審査に通過することはありえません。

カードローン審査では「返済能力」が問われますが、無職の場合、返済能力がかなり低い状況と見て間違いないでしょう。

カードローンは返済前提のサービス

カードローンでお金を借りる以上、返済することができなければ意味がありません。カードローンは返済することが前提のサービスですからね。

無職で何も仕事をしていないとなると、もしカードローンで借入をしても、返済に充てるための収入もない状態です。これでは返済能力がないと判断されても当然ですよね。

カードローンの審査において、無職であることは審査の対象外であり、カードローンを利用する上での問題外となります。

無収入なのに借入OKの人もいる?専業主婦(主夫)のケース

さらに、無職の方は同時に「無収入」の状況でもあるため、カードローンを利用する際に必要な「安定収入」もない状態です。これが無職・無収入ではカードローン審査に通過できない大きな理由です。

ただし、無職・無収入であっても、カードローンを利用できる可能性がある人もいます。それが専業主婦(主夫)のケースです。

配偶者に仕事・収入があれば利用対象

専業主婦(主夫)の場合、家事や育児をすることが主な仕事ではありますが、お給料をもらえるわけではないので、カードローン審査においては無収入の状態と判断されます。

けれども、旦那さんや奥さんなど配偶者が安定した仕事に就いている、安定収入がある、という場合は、カードローンの利用対象になるのです。

近年では「専業主婦向けのカードローン」などのサービスも増えてきています。同じ無職・無収入の状態でも、専業主婦(主夫)の方の場合は例外となっている、ということも理解しておきましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
配偶者の安定収入がカギ!専業主婦がカードローン審査を受けるには

バイトやパートでも大丈夫!仕事を見つけることからスタート

では、現在仕事もなく収入もない状態でカードローン審査を受けるには、どのようなことから始めていけば良いのでしょうか?

無職・無収入の状況はカードローン審査の対象外ですので、まずは審査対象になれるよう、何かしら仕事を見つけることからスタートしてみてください。

仕事は少しでも長く続けることがカギに

カードローンは正社員でなければ利用できないわけではなく、仕事はアルバイトやパート、派遣社員などでも構いません。まずは仕事に就くことが必要不可欠です。

その上で、カードローンを計画的に利用するための安定収入が得られるよう、少しでも長く同じ職場で仕事を続けていきましょう。

新しい職場に就いて、仕事を始めてすぐにカードローンの契約をすることは難しいです。申し込みをするなら、勤続年数にも注意しておきたいですね。

  • まずは何かしら仕事を始める
  • 長期的に仕事を続ける
  • 収入が安定してきたら申し込みを

無職・無収入の方がカードローン審査を受けたい場合、上記のポイントをしっかりチェックした上で、カードローンの申し込みをするようご注意ください。

失業中・求職中でも無職…仕事をして収入を得ることを第一に

いかがでしたか?専業主婦(主夫)である場合を除き、無職・無収入のままではカードローンの利用対象になることすらできていない状態です。ここでご紹介してきたように、まずは仕事をして収入を得ることが大事ですよ。

また、自分の意思で仕事をしていないという方だけではなく、リストラなどで失業してしまった方、現在求職中の方なども、無職に当てはまります。

カードローン審査においては「仕事をしていない=無職」となりますので、みなさんが今どのような状況であっても、仕事をして収入を得ることを第一に考えるようにしましょう。

閉じる
閉じる