カードローン審査に通らない理由と今すぐできる対策

水商売でもカードローン審査に通る?収入が不安定になりがちな職業

世の中には様々な職業があります。中にはキャバクラやホストクラブ、風俗店勤務といった水商売を生業にしている方もいますよね。水商売は世間的に見るとマイナス面が多い傾向がありますが、これはカードローン審査でも同じです。

水商売の仕事をしている方の中には、一般的な会社員よりもたくさん稼いでいる人もいれば、思うように稼げず生活に困っている…という方も少なくありません。

カードローンを必要とするのは、このように金銭面や生活面に困っている方が多いですが、職業が水商売、収入が不安定ともなると、カードローン審査に通過することが難しくなるので十分ご注意ください。

審査に通るのは難しい?仕事・収入が不安定になりやすい水商売

カードローン審査において、特に重視されるのが「収入」です。

カードローンの審査条件には「安定・継続した収入があること」と記載されていますが、これは借入をする上での絶対条件だからなんですね。

つまり、この条件をクリアできない限り、カードローン審査に通過することはできないというわけです。

利用者としての信頼性も低い状態に

水商売の方の場合、収入が安定・継続して得られる状況になることは珍しいものです。

大抵の場合は仕事をしていても収入面が不安定になったり、収入を得る手段がなくなったり…といった状況に陥りやすくなっています。

  • 水商売の仕事をしても収入はギリギリ
  • 仕事が長く続かない
  • 水商売の職場を転々としている

収入がなければカードローンでお金を借りても返済ができない、ということから、このような状況ではカードローン利用者としての信頼性がかなり低いです。その結果、審査に落ちてしまうことが多いのです。

どうすればいい?水商売でもカードローン審査に通るには

いくらお金を必要としていたとしても、お金を貸す側であるカードローン業者としては、やはり信頼性が高く、安心してお金を貸せる相手を利用者として選ぶことが第一でしょう。

みなさんが水商売をしていること自体に大きな問題はありませんが、カードローン審査を行う上では「信頼面」での問題が生じてしまうのです。

安易に審査を受けない方が◎

では、どうしたら水商売でもカードローン審査に通過することができるのでしょうか?まず第一に考えるべきなのが、仕事を少しでも長く続けて勤続年数を重ねることです。

職場を転々としているという情報だけでも信頼性は低くなります。それに加えて収入も不安定…という状況では、審査に通過できる余地がありません。

水商売の方がカードローン審査を受ける際には、次のようなことにご注意ください。

  • 同じ職場で仕事を長く続ける
  • 毎月の収入、年収を安定させる
  • 準備が整うまで審査は受けない

勤続年数を重ねて年収が安定するまでは、安易にカードローン審査を受けることはやめておきましょう。申し込み→審査落ちを繰り返すと「申し込みブラック」になる恐れもありますからね。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
短いよりも長い方が◎カードローン審査で重視される「勤続年数」

転職もおすすめ!収入が少しでも安定する職業を選んで

また「どうしてもカードローンでお金を借りたい!」という場合は、水商売をやめて他の職業に就く、ということもひとつの対処法として覚えておいてほしいポイントです。

仕事や収入面が不安定になりがちな職業は水商売以外にもありますが、水商売と他の職業を比較した時に「どちらの方が収入が安定するか?」ということをぜひ考えてみてください。

同じアルバイトでも、水商売のアルバイトと他の職業のアルバイトとでは収入の安定性が異なるケースもあるものです。

少しでも収入面が安定する仕事に転職する方法もおすすめですよ。

虚偽情報での申し込みは絶対NG!

ただし、間違っても「本当は水商売をしているのに、他の職業に就いていると嘘をついてカードローンの申し込みをする」というようなことがないようにしてくださいね。

職業を偽るなど虚偽情報でのカードローンの申し込みをすることは犯罪になります。逮捕されてしまったら、カードローンの契約どころではなくなってしまいますよ。

安全に借入をしたいなら、職業を偽るのではなく、水商売の仕事をやめて転職をしてからカードローンの申し込みをしましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
申し込み時の嘘はバレる!カードローンの審査には誠実な対応を

どうしたらお金を借りられる?諦めずに考えることが大切

いかがでしたか?水商売の方はカードローン審査に通りにくい傾向がありますが、ここでご紹介してきた方法で対処することによって、カードローンを利用できる可能性を高めることはできます。

「お金を借りたいけど水商売だから…」と諦めるのではなく、まずは「どうしたらカードローンでお金を借りられる状況になるか?」ということを考えてみてくださいね。

閉じる
閉じる